ネイマールやメッシの練習内容とは? 最強軍団バルサの知られざる「トレーニング・メソッド」

カテゴリ:メガクラブ

カルレス・クアドラット

2016年10月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90分間の練習で脳と身体が自然と試合仕様になっていく。

2014年夏からチームを率いるL・エンリケ監督は、戦術的ピリオダイゼーション理論を用いてバルサの練習に変革をもたらした。(C)Getty Images

 同理論が脚光を浴びるきっかけとなったのが、これを実践したジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・U監督)の成功だ。このポルトガル人指揮官はポルトを率いて03-04シーズンに驚きのチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げると、09-10シーズンに今度はインテルを欧州制覇に導いてさらに名を揚げる。同時に、戦術的ピリオダイゼーション理論の影響力もさらに絶大なものになったのだ。
 
 いまでは、ヨーロッパはもちろん世界中で同理論を実践する指導者が増えており、私もベンガルールFCで採用し、L・エンリケもそのひとりである。つまりメッシ、スアレス、ネイマール、イニエスタといったバルサのスーパースターたちも、戦術的ピリオダイゼーション理論で鍛えられ、成長していると言っていいだろう。
 
 では、バルサは具体的にどのようにして実戦に近い内容のトレーニングを行なっているのか。いくつかのベースを紹介したい。
 
 もっとも大きな特徴は、練習時間が試合と同じ90分間に設定されていること。ポイントはブレイクタイムもほとんど取らないことで、常に高いインテンシティーを保つ。
 
 かつては練習と言えば、2時間ワンセッションが一般的で、1日2部練習も珍しくなかった。また、当時は森でのランニングなど、フィジカル練習は別物として考えられていた。
 
 しかし、時間を90分間に設定すれば、選手たちの意識とフィジカルは自然とそれに馴染んでいく。人間というのは不思議なもので、こうしたトレーニングを繰り返すうちに、脳と身体が自然と試合仕様になっていくのだ。
 
 トレーニングの大半を占めるグループ練習は、ショートパスによるポゼッション、ロングパスを交えたカウンター、4バック、3バックなどシチュエーションごとに行なう。その際に大切なのは、チームが掲げるプレーモデル。実戦を想定してポジショニングを事細かに修正しながら、各選手に局面ごとの役割を理解させるのだ。
 
 バルサの基本プレーモデルは、もちろんポゼッションだ。ペップ&セイルロ時代は、18人を8人ずつ2チームに分けて、残る2人をジョーカーとしてマイボール側のチームに参加させるというポゼッション練習が多かった。つまり、10対8という数的優位の状況において、いかにグループでボールを保持するかを養うわけだ。
 
 しかし全ての面においてより実戦に近い練習を導入するL・エンリケの場合は、そうしたポゼッション練習の際にも、より試合に即した形で選手たちを配置し、いかにオープンスペースを有効活用して相手ゴールに攻め込むかという点を重要視する。ポゼッションを「目的」とするのではなく、あくまでも「ゴールを奪う手段」として意識づけするためだ。
 
 MSNが君臨する昨今のバルサの攻撃は、「ペップ時代よりも縦への推進力が高まった」とよく言われるが、それはまさにこうした練習の賜物だ。

Facebookでコメント

201705151139_1.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月25日号
    5月11日発売
    特集は「序盤戦査定」。クラブダイジェストは松本。U-20ワールドカップ開幕ガイドも掲載。 詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNO.484
    5月18日発売
    決定!!
    2016-2017シーズンの
    BEST PLAYER
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.20
    5月12日発売
    2017高校サッカー
    逸材図鑑300選
    注目の男女・好タレントを一挙公開!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24