日本のW杯組み分けに韓国メディアが嫉妬?「50%の確率で日本に負けた」「韓国にH組を引き当ててほしかった」

カテゴリ:Jリーグ

慎武宏

2017年12月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「韓国人ならば、H組に入りたいと願うのは、自然なこと」

『東亜日報』は「日本、“W杯優勝国なしのH組”にホクホク顔」と報じた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシアW杯でグループHに入った日本。コロンビア、セネガル、ポーランドと同組で対戦することとなったが、日本の抽選結果は、お隣・韓国でも報じられている。
 
「日本、“W杯優勝国なしのH組”にホクホク顔」(『東亜日報』)
「日本、2大会連続“蜜の組”、FIFAランキング13位のコロンビアと再び激突!」(『SPORTSQ』)
「H組に入った日本、今回も最高の攻撃陣を相手にする」(『sportalkorea』)
 
 といった具合で、H組は比較的突破が容易なグループだと評価するメディアが目立つ。今回の抽選会では、出場32か国中、31番目にくじを引いた韓国と32番目の日本が最後に残り、韓国が「死の組」と呼ばれるF組(ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国)に入ったことを受けて日本の組分けが決まっただけに、「2018W杯組み合わせ抽選で明暗が分かれた日韓…“50%の確率でも日本に負けた”」(『朝鮮日報』)、「2018ロシアW杯組み合わせ抽選、小さなボールひとつで韓国と日本の運命が分かれた…”日韓戦の気分“の声も」(『グローバル経済』)と、両国の結果を比較するメディアもあるほどだ。
 
 そんな韓国メディアの本音を探るべく、現地のサッカージャーナリスト3人に話を聞いた。
 
「韓国にはH組を引き当ててほしかったです」と話すのは、大衆一般紙『中央日報』スポーツ部のサッカー班チーム長のソン・ジフン記者だ。
 
「韓国が対戦するF組のチームに比べ、H組のコロンビア、セネガル、ポーランドは、まだW杯でこれといった成績を残したことがありません。H組は、ポット4に属す国の立場からすれば、A組と並んで16強入りの可能性がもっとも高いグループだと言えます」
 
 実際、韓国は11月にコロンビアと対戦し、2-1で勝利している。この一戦は、それまで不振が続いていた韓国代表が息を吹き返すきっかけにもなった。韓国がH組を望んだことには、“死の組”を避けたかったという思いだけでなく、こうした成功体験も関係しているのかもしれない。

 韓国のサッカー専門メディア『FOOTBALLIST』のリュ・チョン記者も語る。
 
「ポーランドとセネガル、コロンビアも強いですが、浮き沈みがあるチームでもあります。相手が自らプレーを乱して、チャンスを得られるかもしれません。韓国人ならば、H組に入りたいと願うのは、自然なことでしょう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24