【日本0-1ベルギー|採点&寸評】個人技で押し切られて終盤に失点…R・ルカクの一発に沈む

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2017年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GK川島が再三のファインセーブ!

[警告]日本=井手口(75分) ベルギー=なし
[退場]なし
[MAN OF THE MATCH]ロメル・ルカク(ベルギー)

画像を見る

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ベルギーサポーターを激写!

【日本代表・総評】
5.5
プレスとブロックの使い分けがはっきりするなどブラジル戦より守備がだいぶ整理され、前半は無失点に抑える。後半もしばらくは耐えていたが、個の力で押し切られて失点。攻撃陣を中心とした交代策も実らず。ただ、互角に戦える時間帯もあるなど、手応えを得られる戦いぶりだった。
 
【選手採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 5.5
22分のデ・ブルイネの際どい一撃など、多くのビッグセーブでゴールを死守。サイドを深くえぐられての失点は止められなかった。
 
DF
5 長友佑都 5.5
T・アザール、ムニエをしっかりとケアして自由にやらせなかったが、失点の場面ではR・ルカクにマークを外された。攻撃に関してもインパクトが足りなかった。
 
19 酒井宏樹 6(86分OUT)
球際で強さを発揮し、推進力あるプレーで攻撃をサポート。浅野とのコンビネーションも問題なかった。
 
20 槙野智章 6
R・ルカクをしっかりと監視し、クリアやタックル、前に出ていく選択など迷いなく、はっきりとしたプレーでゴールを守った。
 
22 吉田麻也 5.5
バックパスの処理、自陣エリア内の対応が落ち着いており、40分にはFKから惜しいヘッド。だが、入ってくるシャドリを止められず、失点を許す。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24