【鳥取】「誰かに背中を押してほしかったのかもしれない」片岡洋介が引退を決意した理由

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2017年10月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メッシみたいなプレーはできないけど、泥臭さを見せて何かを感じてくれれば」

今季限りで引退を表明した片岡洋介。昨年は主将を務めるなど、精神的支柱としてチームに欠かせない存在だった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「引退すると決めるのも簡単ではなかったですけど、日がたつにつれて、試合を迎えるにつれて寂しい思いはどんどん出てくる」
 
 10月12日、鳥取に所属するひとりのサッカー選手が引退を発表した。片岡洋介、35歳。センターバックやボランチの位置で相手を跳ね返し続けてきた男である。
 
 片岡は西武台高から国士舘大を経て、2005年に大宮へ加入。京都でプレーした2010年以外はオレンジのユニホームを身に纏い、キャリアを積み重ねてきた。そして、16年から鳥取に籍を移し、精神的支柱としてチームをけん引。今季は5試合しかピッチに立てていないが、引退発表後初の試合となった16日のFC東京U-23戦では全盛期を彷彿させるようなエネルギッシュなプレーを見せた。
 
 そんな片岡が引退を決断したのは3か月ほど前。理由は「自分のなかで納得がいかず、許せないプレーがあった」ことと、「自分のなかでプツンと糸が切れてしまったような瞬間があった」からだ。そこから様々な人に相談。意見を求めた先輩のなかにはGMの岡野雅行氏や強化部の吉野智行氏もいたという。
 
「いろいろ相談をしていて、辞めた先輩たちに、『いつ辞めようと思ったんですか?なんで辞めようと思ったんですか?』と聞いたんです。それを聞くというのは、自分が引退を考えて、もういいんじゃないかなという想いがあったからだと思う」
 
 しかし、片岡は何故これほどまでに人に話を聞いたのだろうか。それには理由がある。「これがという決め手ではないのですが、もしかしたら、誰かに背中を押して欲しかった」からだ。サッカー選手の引き際。いろんな理由があるが、間違いなく重い決断である。そのなかで先輩たちの言葉が、片岡の決意を固める要因となった。
 
 リーグ戦も終盤に入った。残りは7試合。今季はフル稼働できず、チームも下位に低迷している。

「こんな状況で自分は終わりたくない。最後なので、ひとつでも多く勝ちたいし、ひとつでも多くいい思いをしたい。そういう姿を見せて、結果ももう少しついてきてくれればなと思っている」
 
 だからこそ、試合に掛ける想いは誰よりも強く、先輩として後輩に見せたい姿がある。

「みんな若いので、自分が一番ユニホームを汚して、一番スライディングをしてやれば、俺もやらなきゃなと思ってくれるはず。メッシみたいなプレーはできないけど、泥臭さを見せて何かを感じてくれればいいなと思う」

 片岡洋介は自らのプレーで、チームに戦う姿勢の大切さを示すつもりだ。

取材・文 松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24