藤田俊哉氏がVVVから英名門クラブへ移籍! フットボールの本場で目指すものとは?

カテゴリ:特集

小須田泰二

2017年07月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VVVのリーグ優勝は「本当に感動的な瞬間。一生忘れることはない」。

VVVではコーチとして、オランダ2部リーグ優勝に貢献。「一生忘れることはない」と気持ちを語った。(C) Getty Images

画像を見る

 VVVフェンロをコーチとして1部復帰に導いた藤田俊哉。そのVVVとの付き合いは、じつに3年半になる。ヨーロッパで監督になる、という目標実現に向けて、いかなるステップを踏むべきか。この数か月間ずっと悩み続けてきた藤田が、自身の去就について決断を下した。

 
――◆――◆――
 
――藤田俊哉さんがコーチを務めるVVVフェンロの2部リーグ優勝から約2か月が過ぎました。シーズンオフはどのように過ごしていますか。
 
 シーズンが終わってVVVの優勝記念ツアーがあって、バルセロナのホーム最終戦を観に行った。クラブ旅行というのは初めての経験だったからとても新鮮だった。そのうえ、乾貴士が2ゴールを決めてくれたから、とても充実した旅行になった。いまは日本に戻って家族とゆっくりしているところだよ。
 
――オランダに渡って3年半でリーグ優勝を果たしたことについて、改めてどのような思いを持っていますか。
 
 感動的な出来事、としか言いようがないよね。選手としては経験したことがあったけれど、指導者になっては今回が初めての経験だから。エモーショナルな瞬間だったと、チームメイトのみんなと話したけれど、その言葉どおり、本当に“感動的な瞬間”だった。このことは一生忘れることはないよ。
 
――来季、VVVはエールディビジ(オランダ1部リーグ)で戦います。藤田さん自身はどんなチャレンジをされるつもりですか。
 
 難しい決断だったけれど、今シーズン限りでVVVを退団することを決めた。
 
――いつ頃、決断したのですか。
 
 ずっと前から悩んでいた。VVVのハイ・ベルデン会長とは、自分がこのクラブにやって来た時、「エールディビジへの昇格を目指そう」と約束した。3年半かかってしまったけれど、当初の約束も果たすことができたし、ここで新しい挑戦をする時期なのかな、という気持ちがあった。
 
――新たなチャレンジの舞台は?
 
 イングランドのリーズ・ユナイテッド。プレミアリーグではなく、2部リーグに相当するチャンピオンシップに所属している(昨シーズンは13位)。
 

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24