浦和指揮官がコロコロ変わるJのいびつな大会方式に苦言。「しっかり検証し、公の場で話すべき」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今年のルールなら、我々は昨年広島とファイナルを戦っていた」

鹿島戦後の監督会見で大会への問題提起をしたペトロヴィッチ監督。浦和は、今季リーグ戦では過去最高の勝点ポイントを獲得して年間1位の座に就いていた。写真:徳原隆元

画像を見る

[JリーグCS決勝 第1戦]鹿島 0-1 浦和/11月29日/カシマ

 敵地での第1戦を阿部のPKによる決勝ゴールでモノにした浦和だが、試合後の会見でペトロヴィッチ監督はチームの戦いぶりに満足感を示さなかった。しかし、それはある意味仕方のないことだと割り切って考えているようだ。
「11月12日に天皇杯を戦った後、(CSまで)18日間あって練習試合の相手を探したが、残念ながらほかのクラブは休みに入っていて大学生としか練習試合を組めなかった。さらに、長いシーズンを緊張感とプレッシャーの中で戦ってきた影響からか、選手たちも気持ちの上でも、肉体的にもゼロに近い状況であったのではないか」

【決勝PHOTOギャラリー】鹿島が逆転で7年ぶり8度目V!

 自チームの選手たちをこうかばうとともに、1週間前に川崎との準決勝を戦った鹿島には「公式戦に向かう上での試合勘や緊張感という意味ではアドバンテージがあったと思う」と、大会のレギュレーションも浦和に不利に働いたと感想を述べている。
 
 また、長いレギュラーシーズンを戦った後に、プレーオフを戦うことの難しさも力説する。
 
「なぜ自分たち本来の攻撃の形を出せなかったかと言えば、やはり長く公式戦のない時間があったからだ。世界中どこを見ても(リーグ戦を終えてから)1か月後にファイナルを戦うという国はないだろう。そういう意味では、どういう過ごし方をしてファイナルに臨むのか、という部分で非常に未知数ななかで難しい準備をしてきた」
 
 そして、指揮官の問題提起は日程面にとどまらず、大会方式にまで及んだ。というのも昨年のチャンピオンシップを振り返れば、浦和は準決勝でG大阪と戦い、90分で決着がつかず、延長戦の末に敗れている。だが今季、2位の川崎は鹿島との準決勝で、90分で引き分けても決勝に上がることができた。これに関して「昨年はこうしたルールがなく、我々は恵まれない結果に終わったが、今年のルールが適用されていれば広島とファイナルを戦っていただろう。そういう意味では不運だった」と振り返る。
【関連記事】
【CS決勝】村井チェアマンが2年間のCS、2ステージ制の総括を明言「年内に開示したい」
【CS決勝第2戦|採点&寸評】浦和×鹿島|金崎が“王者”の輝きを放つ2ゴール。一方、PK献上、パワープレー不発の槙野に最低点
【鹿島】年間3位からの王座も、小笠原 「1位で挑めればよかったが、ルールはルール、嬉しく思う」
【CS決勝】金崎がPKキッカーを強奪!?「優磨(鈴木)には悪いですけど、もらいました(笑)」
【CS決勝】スタメン発表! 鹿島は柴崎が先発復帰。浦和は第1戦先発の李がベンチスタートに

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24