Pick Up!

中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年01月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現時点で指導者になる考えはなし。「いろんな形で、サッカー文化を上げていかなければいけない」。将来的に、浦和の社長には――。

いろいろな方面から「サッカー文化を向上させていきたい」。鈴木は新たな“チャレンジ”へ意欲を示した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 浦和の鈴木啓太が1月10日、さいたま市内のホテルで引退記者会見を行なった。浦和ひと筋16年間にわたってプレーした功労者のために、クラブが鈴木からファンへ“最後のメッセージ”を伝える場として設けたものだ。スーツ姿の鈴木は終始リラックスした表情で、約1時間にわたって集まったメディアの質問に答えた。
 
 まず引退後の去就について、次のように報告をした。
 
「サッカー界から恩恵を受けてきたので還元したい。浦和とはずっと関わりを持ち続けてたいので、淵田(敬三)社長をはじめ、ゆっくり話し合っていきたい。
 
 コンディションとパフォーマンスについて考えていたなか、今、スポーツ科学が盛り上がってきている。選手をサポートする、ひとつのプロジェクトに力を注ぎたい。昨年からいろいろな方と知り合い、腸内フローラの解析事業を立ち上げた。
 
 外から選手のパフォーマンスを向上させ、コンディションを整えられたらと思う。そこから一般の皆さんにも還元していきたいと考えている」
 
 一方、「解説の話や、チームメイトからは『読者モデルをやらないか』という話ももらったが、いろいろチャレンジしたい」と話し、基本的には「サッカー界への還元」を念頭に置いて“チャレンジ”する意向を示した。
 
 また、指導者として浦和の監督を目指してほしいという声もある。
 
「指導者になりたいかと自分自身に問えば、正直、『イエス』とは言えない。いろんな形で、サッカーの文化を上げていかなければならないと考えている。浦和の監督は偉大すぎる。
 
 もちろん、将来、どう考えるかは分からない。今、(浦和の)淵田社長がいらっしゃっているが……浦和の社長のほうが興味がありますね(笑)」
 
 そのように『引退→指導者』だけではないセカンドキャリアの道を開拓し、サッカー文化の裾野を広げていく考えを示した。
 
 
【関連記事】
Jリーガーから年商219億円のベンチャー社長に! 元ガンバMFはいかにして成功を掴んだのか
【ゼロックス杯】鹿島×浦和の美女サポーターたちを一挙紹介!
【浦和担当記者の視点】なぜ、大一番で負け続けてきたのか? 「楽しむ」という言葉に抱いてきた違和感
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【浦和】引退を決断した鈴木啓太。「子どもの頃から、山あり谷ありだった」という人生を変えたオシム日本代表元監督のひと言、その生き様にリンクするニーチェの哲学
【浦和】「黄金期」を知る鈴木啓太が歩む模索の日々
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは

Facebookでコメント

banner_pc_02_20170316.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月23日号
    3月9日発売
    2017年J1&J2全40クラブの
    ファーストインパクト
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.480
    3月16日発売
    大きな岐路に立つ最強チーム
    「バルサイズム」を取り戻せ
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24