【J1採点&寸評】磐田1-1G大阪|MOMは好セーブを連発したG大阪の東口!移籍後初先発となった磐田の大久保は…

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月02日

G大阪――同点弾を決めたファン・ウィジョはゴールセンスを発揮

攻撃陣を牽引したファン・ウィジョ。相手の背後に抜け出す動きは秀逸だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

28 高 宇洋 5.5
同世代の高江とともに中盤で奔走。球際でファイトしながら、未然にピンチの芽を摘む。一方で攻撃は物足りなさが残った。

29 髙江麗央 5(HT OUT)
豊富なスタミナで縦横無尽に走り回る。ただ、組み立てで違いを見せられず、ハーフタイムでピッチを去った。

FW
11 ファン・ウィジョ 6
相手のタイトマークにあうも、左右に流れながら好機を作る技量はさすが。先制点も決めた。
 
20 長沢 駿 6(64分 OUT)
高さで相手に競り負ける場面もあり、ボールの収まりも今ひとつ。29分に迎えた決定機は決めたかった。
交代出場
MF
7 遠藤保仁 6(HT IN)
後半からピッチに登場した稀代の司令塔はパスで違いを創出。攻勢に出たチームをボランチの位置から後押しした。
 
FW
9 アデミウソン 6(64分IN)
ブラジル人アタッカーはアグレッシブな仕掛けで同点弾に繋がるFKを獲得。ただ、それ以外ではあまり見せ場が訪れず。
 
DF
14 米倉恒貴 ―(84分IN)
試合を終わらせるべく投入された14番はサイドの位置で守備に奔走。与えられたタスクはこなした。
 
監督 宮本恒靖 6
後半に勝負を仕掛ける用意周到なプランが功を奏したかに見えたが、逃げ切れず。ただ、アウェーで貴重な勝点1を勝ち取った。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ