【J1採点&寸評】磐田1-1G大阪|MOMは好セーブを連発したG大阪の東口!移籍後初先発となった磐田の大久保は…

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月02日

磐田――移籍後初スタメンの大久保は3本のシュートを放つも無得点

32分には宮崎のクロスから惜しいヘディングシュートを放ったのだが……。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

19 山田大記 5.5(67分OUT)
田口と上手く絡みながら、前線にパスを配給。ただ、自ら仕掛けてゴールを狙う場面は限られた。
 
23 山本康裕 6
中盤の底で黒子役を全う。時折見せた鋭い縦パスも良質で、磐田の攻めにアクセントをもたらした。
 
FW
20 川又堅碁 6
正確なポストワークと献身的な守備は健在。ゴール前で精度を欠くも、後半アディショナルタイムに同点弾をアシストしたのはさすがのひと言。

22 大久保嘉人 5.5(81分OUT)
3本のシュートを放ち、積極的にゴールを狙った。チームメイトとの連係が深まっていることもうかがわせたが、後半は次第に運動量が落ちて相手に脅威を与えられず。
交代出場
DF
24 小川大貴 6(48分IN)
突然の出番も冷静に対応。右ウイングバックの位置で持久力の高さを見せ、何度も上下動を繰り返した。
 
MF
11 松浦拓弥 6(67分IN)
小気味良いドリブルで相手DFを翻弄。フィニッシュに持ち込むなど、停滞した時間帯に存在感を示した。

FW
16 中野誠也 
(81分IN)
短い時間でアグレッシブな動きから好機に絡む。終了間際には惜しいシュートも放った。

監督
名波 浩 6
前節からシステムと選手を変える策が功を奏し、幾度も決定機を創出。しかし、最後の質が高まらず、勝点1を得るに止まった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ