ポグバ、パイエ、ゲッツェなどEURO出場組の最新去就動向は?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月15日

居場所を失ったゲッツェの新天地は…。

ゼロトップで起用されたEUROでは成果を上げられなかったゲッツェ。評価は下落気味だが、新天地をいち早く決めたいところだ。 (C) Getty Images

画像を見る

マリオ・ゲッツェ(ドイツ代表/バイエルン)
噂される主な移籍先:ドルトムント、トッテナム、リバプール
 
 EUROではゼロトップのポジションに入り、4試合に出場したが無得点と結果が出せなかったゲッツェ。バイエルンのカルロ・アンチェロッティ新監督から「コンスタントに試合に出たいというのであれば、移籍したほうがいい」と退団を進言されるなど、もはやバイエルンに居場所ないだろう。
 
 新天地の有力候補として見られるのは古巣のドルトムントだ。
 
 イルカイ・ギュンドアン、ムヒタリアン、マッツ・フンメルスら主力がこぞって引き抜かれたドルトムントは、戦力と士気の低下に歯止めをかけるため元アイドルの復帰を画策。独紙『ビルド』によれば、ゲッツェ本人とドルトムントはすでに個人合意に達しているという。
 
 バイエルンが設定している移籍金は2700万ユーロ(約32億4000万円)。これに対し、ドルトムントが提示したとされる額は2300万ユーロ(約27億6000万円)で、交渉の決着は両クラブ間で折り合いがつくかにかかってきそうだ。
 

欧州でも屈指の左SBに成長したロドリゲス。メガクラブ挑戦となれば、その名をより高めることができるはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

リカルド・ロドリゲス(スイス代表/ヴォルフスブルク)
噂される主な移籍先:R・マドリー、アーセナル、パリSG
 
 左右両足とも遜色なく蹴れる引き出しの多さを武器に、EUROでも抜群の安定感を誇った。その実力は欧州有数でメガクラブが欲しがるSBだ。
 
 ヴォルフスブルクのSD(スポーツディレクター)であるクラウス・アフロス氏が「ヴォルフスブルクで続けるのは現時点で現実的ではないかもしれない」とほのめかすなど、クラブ側も移籍を容認する構えを示しており、今夏はついにステップアップを果たすか。
 
 有力候補は、マルセロのバックアッパーが実質不在で、数年前からその動向を追っているR・マドリー。ただ、3年契約を残しているロドリゲスの契約解除金は2500万ユーロ(約30億円)とSBのバックアッパーに費やすにはやや高額で、交渉は難航しているようだ。
【関連記事】
積極補強ユベントスが「密かに狙う」大物ストライカーとは?
マンU モウリーニョが熱望する「第三の大物」とは?
【EURO逸話】決勝弾直前のFKでキッカーを変更させた“監督”C・ロナウド
【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる”妻&恋人を一挙に紹介!
【EURO2016総集編】SDカメラマンが撮った「スタジアムを彩った美女たち」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ