ポグバ、パイエ、ゲッツェなどEURO出場組の最新去就動向は?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月15日

EUROでセンセーショナルな活躍をしたパイエを誘うのは…。

EUROでの活躍で評価を急上昇させているパイエ。新シーズンからオリンピックスタジアムで試合を行なうウェストハムは、その象徴に据えたいようだが……。 (C) Getty Images

画像を見る

ディミトリ・パイエ(フランス代表/ウェストハム)
噂される主な移籍先:R・マドリー、バルセロナ、インテル
 
 ルーマニアとの開幕戦で決勝ゴール決めるなど、EUROではセンセーショナルな活躍を見せて急激に評価を高めた。
 
 ウェストハムのオーナー、デイビッド・ゴールド氏は「我々は次のシーズンも彼をクラブに残したいと思っている。そのためにはあらゆる手段を尽くす」と語るなど頑なな姿勢を示しているが、本人も含めメガクラブからの高額オファーを断れるかは微妙なところだ。
 
 パイエ獲得にとりわけ熱心なのはR・マドリー。6000万ユーロ(約68億円)のオファーを準備していると言われ、退団がありえるハメス・ロドリゲスの後釜として狙っているようだ。
 

EUROで声価を高めたA・ゴメスの獲得にはメガクラブがこぞって手を挙げている状況だ。 (C) Getty Images

画像を見る

アンドレ・ゴメス(ポルトガル代表/バレンシア)
噂される主な移籍先:チェルシー、R・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・U、ユベントス
 
 正確なパス捌きで攻撃にアクセントをつけ、ポルトガルの欧州制覇に貢献。かねてからメガクラブ行きが噂される好タレントはEUROでさらに声価を高めた。
 
 この活躍により、争奪戦はさらに激化している。
 
 R・マドリーは1億2000万ユーロ(約122億円)と膨大な移籍金を要すポール・ポグバの獲得を断念し、A・ゴメス獲得に5000万ユーロ(約55億円)を準備していると西紙『マルカ』などが伝えている。
 
 昨夏に獲得したアルダ・トゥランの放出で、移籍金を捻出しようと画策するのがバルセロナだ。また、マンチェスター・Uはジョゼ・モウリーニョ新監督と代理人が同じという利点があり、ユベントスもチャンスを窺っている。
【関連記事】
積極補強ユベントスが「密かに狙う」大物ストライカーとは?
マンU モウリーニョが熱望する「第三の大物」とは?
【EURO逸話】決勝弾直前のFKでキッカーを変更させた“監督”C・ロナウド
【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる”妻&恋人を一挙に紹介!
【EURO2016総集編】SDカメラマンが撮った「スタジアムを彩った美女たち」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ