【EURO逸話】決勝弾直前のFKでキッカーを変更させた“監督”C・ロナウド

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月15日

通常ならカレスマが蹴るところを、ゲレイロが蹴ったのは…。

勝利への執念、チームや仲間への思いが窺えたベンチ前でのC・ロナウドのアクション。将来、良い監督になれそう!? (C) Getty Images

画像を見る

 EURO2016、ポルトガルは開催国フランスを下して悲願の初優勝を果たした。
 
 エースのC・ロナウドはパイエのファウルを受け、前半25分で負傷退場を余儀なくされたが、治療後はベンチに入り、フェルナンド・サントス監督とともにテクニカルエリアに立ち続けた。
 
 監督に「彼がベンチにいることは大きな助けとなった」と言わしめ、改めてチームへの影響力の大きさを示したC・ロナウド。決勝点を挙げたエデルが後半途中で交代出場する際には、「点を取るのはお前だ」と励ましたことが、すっかり有名なエピソードとなっている。
 
 しかし、C・ロナウドは仲間を鼓舞しただけではない。『FRANCE FOOTBALL』によると、エデルの決勝点の2分前、ゴール正面の好位置で得たFKで、ゲレイロをキッカーに選んだのは、“監督”C・ロナウドだという。
 
 通常、C・ロナウドが蹴らない場合、カレスマ(出場していれば)が蹴ることになっており、この時もボールをセットしたのは彼だった。しかし蹴る直前、カレスマがベンチに目を向けると、C・ロナウドがゲレイロに蹴らせるよう、指示を送ったというのである。
 
 結果は周知の通り、ゲレイロが左足で蹴ったボールはクロスバーを叩き、フランスに冷や汗をかかせた。そして、さらに勢いに乗ったポルトガルは、その2分後にエデルのシュートで決勝点を奪ったのだった。
 
 ゲレイロがゴールを決めたわけでなく、カレスマが蹴っていればどうなったか分からないので、このC・ロナウドの指示が“英断”だったかどうかは判断できないが、それでも彼の行動が少なからず試合の流れに、良い意味で影響を与えたことは間違いないだろう。
 
 過去に、ピッチ上の監督、監督以上の存在、といわれた選手は多々存在するが、プレイングマネジャーでもないのに、こういったかたちで重要な一戦でチームの勝利に貢献した選手は、C・ロナウドが初めてかもしれない。
【関連記事】
積極補強ユベントスが「密かに狙う」大物ストライカーとは?
骨の髄まで“C・ロナウドのチーム”だったポルトガル
【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる”妻&恋人を一挙に紹介!
【EURO2016】表彰式でのフランス選手の振る舞いに厳しい声も
EURO観戦の美しきサポーターを直撃!「兎に角いろんな事情を抱えた美女たちに話を聞いてみた!!」の巻

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ