【大宮】塩田仁史インタビュー|「持っている」ベテランGKの達観と葛藤(後編)

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年02月27日

「FC東京との対戦は“薄っぺらい”戦いではない」

「サポーターが背中を押してくれるから、J1昇格を果たせた」。だからこそ、「必ず強くなる」という決意はより強くなる。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――長く在籍し、多くの経験をしたクラブが相手ですから難しさはありそうです。
 
 古巣でも、2~3年ほど在籍したクラブと10年以上在籍したクラブだとやっぱり肌感覚として違うと思うんです。長くお世話になったクラブと戦うメンタリティは、前者とは大きく異なるはず。FC東京との対戦は“薄っぺらい”戦いではありませんし、かなりの覚悟を持って味スタに立ちたい。それを周りの人にはドキドキしながら、楽しんでもらいたいですね。
 
――「両チームのサポーターを悲しませたくない」というのは、いつも柔和な塩田選手らしいとも受け取れます。FC東京のサポーターはもちろん“勝ちたい”はずですが、そんななかでも、塩田選手に“良いプレーを見せてほしい”と考えているのかもしれませんね。
 
 FC東京のサポーターも大宮のサポーターも、本当に優しいですよね。ただ、FC東京のほうはヤンチャなとこもありますから、ブーイングとか、イジられるかもしれないですけど(笑)。僕は両方の良い部分を知っていますから、複雑と言えば複雑。僕の葛藤とか、サポーターの反応とか、試合会場に足を運んだ人もテレビで観戦する人も、それを含めて楽しんでほしいです。
 
 こういうことがあるから、長くプレーしていると楽しいなって思えるんです。長くプロ生活をしているからこその醍醐味というか。みんなが期待してくれて、ワクワクしてくれて、楽しみにしてくれる。選手冥利に尽きます。
 
――最後に“大宮”サポーターにひと言お願いします。
 
 昨年は、41節の大分戦で逆転勝利という劇的な昇格の仕方をしました。それも、サポーターの声援が選手の力になっているから。みんなが背中を押してくれる、そのパワーのおかげでJ1昇格を果たせたと思っています。
 
 今年はJ1という一番上のステージで厳しい戦いが待っています。J2で誓った「まずはJ1で上位争いをする。そしてタイトルを獲る」ことを実現するために、僕たちは必ず強くなります。ですから、これからも温かい声援を送ってもらえたら嬉しいです。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

『サッカーダイジェスト2月25日発売号』では、「2016シーズン J1&J2開幕ガイド」と題して、総勢30名による順位予想などに加え、青山敏弘選手&佐藤寿人選手の対談、遠藤航選手、中村俊輔、アデミウソン、大前元紀選手、城福浩監督の独占インタビュー、さらにJ1&J2の最新選手名鑑を掲載。ボリューム満点の内容でお届けします。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ