【J1採点&寸評】柏3-0G大阪|2得点の江坂が採点「8」でMOM! その他に高評価したのは…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2020年09月10日

G大阪――3バックを軒並み低評価に

【警告】柏=なし G大阪=藤春(42分)
【退場】柏=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】江坂 任(柏)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
G大阪 4.5

最終ラインの裏とアンカーの両脇を狙われて複数失点。遠藤が「チームとしてどのように戦い、どのように勝ちに持っていくのかをもう一度明確にする必要はあると思う」と的確に分析したように、強みが不明瞭なまま、弱みを突かれて完敗した。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 5

コースの良い強烈ショットと、クロスで振り回されたふたつの失点。どれもシューターには余裕があったことも加味すれば、GKとしてはノーチャンスだったか。

DF
5 三浦弦太 4.5

球際で精彩を欠く。確かにオルンガや呉屋も上手かったが、彼らに先に身体を当てられ、後手に回るシーンが目についた。

3 昌子 源 4.5(58分OUT)
1失点目はカバーリングが間に合わず、2失点目はクロスに届かず頭上を超されて失点してしまった。

19 キム・ヨングォン 4.5
62分には空中戦で呉屋に勝ち切れず。きっちり撥ね返せなかったのが痛恨で、そこからの流れで3失点目を喫した。
MF
29 山本悠樹 5(77分 OUT)

確かにアンカーの両脇を突かれてしまったが、それは個人の責任とは言えない。むしろシステムと戦術の穴というしわ寄せを背負わされたようで、江坂を捕まえきれなかったのはエクスキューズもある。

4 藤春廣輝 5
58分、ゴール前のこぼれ球に反応し、シュートを打ったが相手GKに防がれた。貴重な決定機はモノにしたかった。

8 小野瀬康介 5(77分OUT)
足もとの技術の高さは健在で、味方とのコンビネーションも良かった。だが、ゴールやアシストという数字を残すためのアイデアは不足していた。

15 井手口陽介 5.5
ピッチを幅広く動き回り、攻守両面で奮闘。チームが完敗したため評価はできないが、多くのボールに関わってはいた。

10 倉田 秋 5(58分OUT)
30分、ゴール前でビッグチャンスを得たものの、シュートは相手GKに防がれた。良い時間帯だっただけに、決め切りたかった。
【関連記事】
2ゴールの江坂任が圧巻のパフォーマンス! 柏が3-0でG大阪に完勝
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…
新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか?
【柏】ネルシーニョ監督に訊いた離脱中のクリスティアーノの現状「思ってた以上に…」
「最強」「規格外」「すべてがトップクラス」。J2勢が感じた”オルンガの衝撃”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ