2ゴールの江坂任が圧巻のパフォーマンス! 柏が3-0でG大阪に完勝

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2020年09月09日

江坂は攻撃の組み立てやチャンスメイクでも活躍

江坂がG大阪戦で2ゴールを決め、勝利に貢献した。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグの柏レイソル対ガンバ大阪が9月9日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、ホームの柏が3―0で快勝した。

 いきなり先制したのは柏だ。2分、古賀太陽のスルーパスに反応したオルンガが左サイドを抜け出し、そのまま左足を一閃。強烈なシュートを右サイドネットに突き刺した。

 リードを許したG大阪は、最終ラインから丁寧にパスをつないで敵陣に攻め込むも、水際で身体を張る柏の守備を崩せない。逆にボールロスト後は相手にポゼッションを許してしまい主導権を握られると、そこからアンカーの両脇や最終ラインの裏を突かれるシーンが目についた。

 ただ、焦れずにポゼッションを続けたG大阪は徐々にリズムを掴むと、30分には倉田秋がゴール前でチャンスを得て、その後にも井手口陽介が強烈なミドルシュートを放つ。どちらもキム・スンギュの好守に防がれたが、わずかながらに勢いづいた。

 守勢の時間が長かった柏だが、ワンチャンスをモノにする。40分、右サイドでルーズボールを拾った三原雅俊がクロスを上げると、ゴール前で待っていたのは江坂任。ヘディングで合わせてネットを揺らし、価値ある追加点を決めた。
 後半に入っても、ポゼッションで攻め込むガンバの攻撃を、柏が自陣で受ける展開が続いた。しかし依然として、相手ゴール前で攻めあぐねる。すると58分、宮本恒靖監督は、渡邉千真(倉田秋と交代)、パトリック(アデミウソンと交代)、髙尾瑠(昌子源と交代)を投入し、勝負に出た。

 だが柏が、前がかりになったG大阪の裏を突く。62分、呉屋大翔が右サイドの裏に抜け出してクロスを上げ、ファーサイドの江坂がまたしてもヘッドで合わせたのだ。

 巧みにダメ押し弾を奪った柏は、その後も危なげなく守り切り、3-0で完勝。とりわけ圧巻のパフォーマンスを見せたのが2ゴールの江坂で、得点のほか攻撃の組み立てやチャンスメイクでも眩い輝きを放っていた。10番の大活躍もあり、柏がG大阪との上位対決を制している。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…
新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか?
【柏】ネルシーニョ監督に訊いた離脱中のクリスティアーノの現状「思ってた以上に…」
ガンバが抱える問題は攻撃の形なのかメンタリティなのか…指揮官、主軸たちの考えは?
「正直、悔しかった。でもね…」G大阪、倉田秋の芸術的ゴラッソに見た“ナンバー10の矜持”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ