森保監督は続投すべきか。日本サッカー通である英国人記者の忌憚なき見解は──

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2020年01月22日

広島時代と同じ轍を踏まないために──

 最終的な主要メンバーを並べてみよう。冨安健洋、堂安律、安部裕葵、板倉滉、三好康児、前田大然、中山雄太、久保建英といった逸材たちで、彼らに厳選されたオーバーエイジの3選手らが加わる。現時点でチームの連携面や意思疎通、戦術の相互理解などが未知数だとしても、やはり期待せずにはいられない。

 大事なのは主力のほかにどんな控えメンバーを選ぶかではない(本大会の登録はわずか18名)。ベストメンバーをいかに適切な起用法でチームに溶け込ませ、限られた時間のなかで機能させられるかどうかだ。決して容易いことではなく、力量に不満があるにしても、現時点で指揮官を交代させて間に合うとはとうてい思えない。

 五輪代表チームは3月に、アフリカ勢との2連戦を戦う(3月27日に南アフリカ戦、同30日にコートジボワール戦)。そこでようやく選ばれるのが真の五輪代表チームだろう。同じ時期にフル代表はカタール・ワールドカップ予選を消化するが、森保監督は五輪代表の強化に専念すべきと考える。そして本番直前にはふたたびトゥーロン国際に臨み、直前キャンプで戦術を練り込んでいくことになるか。いずれにせよベストメンバーが揃い踏みとなる期間は限定的で短く、ここでのガイダンスに間違いは許されない。森保監督も心中期するところがあるはずだ。

 U-23アジア選手権は失望に終わった? それは疑いがない。

 森保監督は失敗した? 明らかにイエス。

 では、彼はチームを去るべきか? いや、それはまだだ。東京五輪が終わってからの判断でいい。

 
 サンフレッチェ広島時代の森保監督を思い起こしてほしい。ミハイロ・ペトロビッチ監督の後を受けて指揮官となり、チームにJリーグのタイトルを3度ももたらしたが、政権末期には主力選手の流出などで低迷を余儀なくされた。素晴らしい成功を収めた一方で、悪しき流れを変える斬新なアイデアや新機軸を打ち出せなかったのが退陣の原因だ。

 いま、五輪代表チームに求められているのはまさにその刺激だ。同じ轍を踏まずに、東京五輪でチームを正しい方向へと導けるか。指導者である彼にとって、まさに試金石の半年となるだろう。

【画像】東京五輪世代のベストメンバーは?
――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――

著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ