【セルジオ越後】“10人でよく頑張った”はアマチュア的発想…森保監督に“背負わせ過ぎた”協会の責任は大きい

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月16日

協会は他の国が大会にどんな準備をして臨んでいるのか、もっと分析してみればいい

2連敗で迎えたカタール戦、日本は10人の戦いを強いられるも先制したが勝利には及ばず。写真:佐藤博之

画像を見る

 今回のU-23日本代表は最終戦で引き分けたとはいえ、1勝もできずに敗退という不名誉な結果に終わった。歴史に残る“大敗”だと言えるよ。

 2連敗で敗退が決まって迎えたカタール戦だったが、日本は前半ラストに退場者を出して10人になる前から、相変わらず横パスが多かったよね。とにかくリスクを嫌うのがこのチームの特徴で、相手に少し寄せられると、敵に脅威を与えようという意図も見せず、すぐにバックパスで逃げてしまう。最終戦は勝っても負けても同じなんだから、もっとガムシャラに向かっていけばいいのに、試合を動かそうという意思が感じられなかったのは残念だったよ。

 ボール回しひとつとっても、チームには決め事が多くて、選手たちはしっかりポジションを取るけど、それに縛られ過ぎている。相手の裏をかくようなプレーはほとんど出てこない。それが、結局3試合で1点ずつしか取れないという決定力不足につながっているように感じるよ。

 カタール戦は後半を10人で戦って1点を取ったが、PKで追いつかれ、必死に守って2点目を与えなかったという内容だった。監督が「最後は10人でよく頑張った!」なんて感傷的になってもしょうがないよ。そういうのは、いかにもアマチュアっぽい発想だ。


 結局、日本は3試合すべてでPKを取られていて、ペナルティエリア内でのファウルにあまりにも意識が低すぎた。それでありながら、1試合に1点しか取れない。これでは、勝てるゲームなんてありはしないだろう。

 一方で、韓国は3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めた。同じグループには強豪のイラン、ウズベキスタン、中国が同居していて、かなりの激戦区だったにもかかわらずだ。また韓国は12月のE-1選手権でも事前合宿をやって臨み、日本にスコア以上の差を見せつけて勝ち、優勝している。

 日本協会は、勝っている国がどんな準備をして大会に臨んでいるのか、分析してみたらいいんじゃないのかな。森保監督も「自分も含めてみんなでこの大会を反省して…」と語っていたけど、全くその通り。五輪で結果を出すための最善策を真剣に考えていかなければね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ