【J1採点&寸評】FC東京3-0C大阪|後半勝負のプラン的中! 得点ランク首位に並んだエースとともに最高評価を受けたのは?

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2019年08月04日

C大阪――堅守をベースに組織に破綻はなかったが…

【警告】FC東京=森重(61分) C大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】森重真人(FC東京)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪 6
ロティーナ監督が作り上げたソリッドな組織自体には問題なし。いいサッカーをしながら敗れた悔しい試合だった。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5.5
必ずしもゴールキーパーのせいではないが、3失点を喫してしまったことは事実。前半は守備機会が少なかった。
 
DF
2 松田 陸 6
高い位置で積極的にプレーし、クロスを狙い続けた。シュートもソウザと並ぶチーム最多の3本。この気持は評価したい。
 
14 丸橋祐介 5.5
悪くはないプレーぶりだったが、欲を言えば決定的と感じさせるクロスを入れていきたかった。もっと存在感が欲しい。
 
15 瀬古歩夢 5.5
それまで全体的にはよく相手を抑えていただけに、先制点を与えてしまったことが悔やまれる。疲労する後半が課題か。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6
前にボールをつけてチャンスメークを狙っていくプレーに好感。もう少し精度の高いボールが入れば得点もありえたのでは。
 
MF
3 木本恭生 6(76分OUT)
最終ライン近くに下がり、配球したあと再び前へと出ていくリーダー的な動きはよかった。変化をつけるべく後半の交替はやむなし。
 
5 藤田直之 5.5(66分OUT)
ロングスローワー、キッカーとして見せ場をつくったものの、得点にはいたらず。流れのなかでインパクトを残せなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ