FC東京が3発快勝で首位固め! 永井謙佑、D・オリヴェイラの2トップがアベック弾!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月03日

永井が2試合連続弾で今季8点目!

永井が後半立ち上がりの47分に先制点。今季8点目となった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは8月3日、21節の5試合を各地で開催。味の素スタジアムでは、FC東京対セレッソ大阪の一戦が行なわれ、首位のFC東京が3対0で勝利を収めた。

 試合はともに慎重な立ち上がりでスタート。互いに堅いブロックを構築して隙を見せない。数少ない見せ場は11分、C大阪のブルーノ・メンデスが個の突破で決定機を迎えたが、FC東京GKの林彰洋が好守で凌ぐ。前半は互いにチャンスの数が少なく、0-0で折り返した。

 しかし後半立ち上がりの47分にスコアが動く。左サイドでボールを保持した東慶悟がノーステップでクロスを送ると、これに永井謙佑が頭で合わせ、ゴールに流し込んだ。FC東京が先制する。

 すると、先制されたC大阪が積極的に前に出るようになり、スペースが空き始めてオープンな展開に。56分にはベンチスタートの柿谷曜一朗を投入してさらに攻撃の活性化を図る。

 しかしFC東京は68分、途中出場の三田啓貴のFKから森重真人がニアサイドでタッチして流し込み、ネットを揺らす。FC東京が貴重な追加点をゲットする。

 FC東京はその後も安定した試合運びで無失点のまま終盤に入ると、アディショナルタイムにはセットプレーの流れからディエゴ・オリヴェイラがダメ押しの3点目。得点ランク首位に並ぶ今季11点目で3対0としてタイムアップ。FC東京が3対0でC大阪を下した。

 FC東京は勝点を45に伸ばし、首位の座をキープしている。2位横浜が敗れたため、その勝点差は6に広がった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ