【スカパラ川上つよし×鹿野淳|前編】日本代表が臨むコパ・アメリカと南米の“凄み”とは?

カテゴリ:日本代表

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2019年06月12日

「20年前は“リアルな南米”の凄さを見せつけられた」

音楽ジャーナリストの鹿野氏はサッカー好きで、ブラジルW杯も現地観戦している。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――すっかりブラジルとアルゼンチンの話で盛り上がりましたが、日本代表がコパ・アメリカに出場するのは、1999年大会以来、二度目になります。
 
鹿野:2011年大会も声が掛かっていたんだけど、東日本大震災の影響で辞退せざるをえなかったんだよね。2015年は同じ年にアジアカップがあったから同じく辞退。今年もアジアカップがあったけど、参加という流れですね。
 
川上:いずれにせよ、基本的に南米と日本はすごいラブラブですよね。それはあっちでライヴをしていても感じます。とにかく盛り上がるし、お客さんから「わざわざ来てくれてありがとう」って感じがこっちにすごく伝わってくるんですよ。それこそ地球の裏側にある国を大陸別選手権に招待してくれるなんて、ホントにありがたい。
 
鹿野:いや~、行きたいな、ブラジルまで。
 
川上:行きたい!(笑)。しかし1999年大会って、たしか開催国のパラグアイにボコボコにされた気が……。
 
鹿野:…………そうでしたね。
 
――パラグアイには0-4で大敗し、ペルーにも2-3で負け、ボリビアとは1-1。結果的に最下位でグループリーグ敗退でした。
 
川上:当時はキリンカップとかでパラグアイとかメキシコ、ペルーなどと戦うと、日本はいつも僅差の試合をしていたんですよ。でも、コパ・アメリカっていうガチの舞台で戦うと、ここまで差があるのかと。現実はこうなんだって、当時すごく思ったんですよね。

鹿野:あの頃くらいの日本サッカーって、まだブラジルのスタイルをはっきりと踏襲していましたよね。それこそブラジル出身の呂比須ワグナーがコパ・アメリカでゴールを決めていたし(同大会で2ゴール)、日本も戦えるんじゃないか、これが世界への足掛かりになるんじゃなかって希望が芽生えたりもしたけど、その一方でこっ酷くやられた。その希望と現実の乖離をすごく痛感させられた大会だった記憶があります。
 
川上:そうですよね~。「リアルな南米」の凄さをまざまざと見せつけられた気がしました。まだまだ遠いなと。
 

――その20年後に再びコパ・アメリカに参加するっていうのは、何かの縁を感じるし、日本と南米の距離感がどれだけ縮まったかを図るには最適かもですね。グループリーグで日本は、チリ、ウルグアイ、エクアドルの順に戦います。
 
川上:とくにウルグアイが強いかなと。去年の10月のキリンチャレンジカップは4-3で勝ちましたけど、あれはある意味で「偽物」のウルグアイですよね。コパ・アメリカでは「本物」が見られるはずです。
 
鹿野:あの時はいなかったスアレス、日本が先制点でも取ろうものなら、咄嗟に噛み付いてくるかもしれない。
 
川上:ガチだったらありえますね(笑)。
 
鹿野:ワールドカップの南米勢って、けっこう淡泊に見える時があるじゃないですか? とくにヨーロッパでやる大会だと。でもコパ・アメリカだと内弁慶なノリが良い方向に出ちゃうから、余計に怖いですよね。チリとかが連覇しているのって、案外そういうことも含まれている気がする。
 
川上:それ、すごくわかります。南米勢はヨーロッパでやるワールドカップより、コパ・アメリカのほうが絶対に強いと思います。気候も雰囲気も、全然違いますもんね。
 
鹿野:それでいくとウルグアイとチリはもちろん、エクアドルもかなり不気味ですよね。
 
川上:日本で知名度の高い選手は少ないですけど、まったくもって侮れないですね。
 
鹿野:勝ちに行くではなく、勝てると思って迫ってくる強さみたいなのがありそうな気が。なんとかグループリーグを突破して、ブラジルかアルゼンチンとの試合が見たいな。この2か国とガチで戦える機会なんてそうそうないですもんね。
 
川上:見たいですね~。ブラジルはロシア・ワールドカップも優勝できるじゃなかって思ってたんですけどね~。ネイマールが大袈裟に倒れてばっかりだった(笑)。オモシロ動画にされちゃったくらいでしたからね。
 
――ネイマールは今大会も主役の1人として期待されていましたが、6月5日の親善試合で足首を負傷し、コパ・アメリカを欠場することになりました。
 
鹿野:地元開催ですし、ネイマールにとっては本当の本気の正念場の大会だったはずですけどね……。さっきの川上さんの話じゃないけど、ブラジル人たちは心底はまだ彼を認めていない。ペレ、ジーコ、ロナウド、ロナウジーニョのような本当の意味でのセレソン・レジェンドになれるかどうかの、そろそろ瀬戸際だと思うんですよね。
 
川上:能力的にはレジェンドたちと大差ないわけで、あとはメンタルですよね、ホントに。コパ・アメリカで見たかったな~。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ