「これは奇跡の勝利などではない!」英誌・熟練記者が強豪撃破の西野ジャパンをベタ褒め!

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2018年06月20日

オープンな構図となった。いまごろイングランドは慌てて…

スーパーサブの役割を全うした本田。はたしてセネガル戦での起用法やいかに!? 写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 本田圭佑も忘れてはいけない。依然として大きな役割を担っているように思う。この日はスーパーサブとして振る舞い、きっちり展開を変えるプレーを見せて、CKから決勝点をお膳立てした。国際的な知名度の高い本田がベンチにいるだけで、それなりの威圧感はあるはずで、対戦相手は気になってしょうはないだろう。日本がベンチに座るハメスの動向に気を揉んだのと同じだ。
 
 あらためて、日本はなぜ勝てたのか。個としても集としてもコンディションが良く、互いへのリスペクトと信頼をベースに、選手たちが指揮官のビジョンをピッチ上で具現化できたからにほかならない。潜在的な能力が蘇ったのだ。

 
 ハメスがスタメンでなく、開始早々に敵が退場者を出し、コロンビアの後半の戦いぶりは積極性に欠け、交代策にも失敗した。そうしたラッキーな側面があったにせよ、それを勝利に結びつけられたのは確かなチーム力があったからだ。11人同士で戦っていたら負けていた? それは分からないだろう。日本がPKを奪ったシーンを思い起こしてほしい。ああしたカウンターを何度も繰り出していた可能性は低くない。
 
 もう一度言おう、決して奇跡ではないのだ。
 
 我が母国イングランドはラウンド・オブ16で、コロンビアかポーランドと戦うイメージを持っていたはずだ。だがセネガルもポーランドを下したいま、このグループはどこが抜け出してもおかしくないオープンな構図となった。いまごろイングランドは慌てて、日本のスカウティングを始めているかもしれない。

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
 
著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ