「韓国はPKに泣き、日本はPKで笑った」コロンビア戦の奮闘を韓国メディアも手放しで称賛!

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月20日

「香川は冷静に先制ゴールを決めた」「長友はディフェンスをリードした」

香川や長友らの活躍に韓国メディアは「日本代表のベテランは役割を果たした」と賛辞を贈った。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビアを相手に大金星を挙げた西野ジャパン。この結果は、韓国でも大々的に報じられている。
 
「日本対コロンビア2-1の“異変”…日本サッカーは違った」(『韓国経済TV』)
「日本、“10人”のコロンビアに勝利…4年前の惨敗の雪辱晴らす」(『SBSニュース』)
「日本がコロンビアを破り16強へ青信号“ワールドカップでアジアが南米に初勝利”」(『MTN』)
 
 など、スポーツ紙のみならず、一般紙や経済紙などでも大きく取り上げられていることからも、韓国が受けた衝撃の大きさが伝わってくるだろう。
 
 日本の試合運びを評価するメディアも多い。
 
 例えば、『SPOTVNEWS』は「幸運を勝利に変えた日本…後半にコロンビアを圧倒した」と報じている。記事は、開始3分にコロンビアのカルロス・サンチェスが退場し、数的優位になった日本が後半から相手守備の裏を狙う戦い方に変えたと報じ、「これが勝利への伏線になった」と分析。コロンビアはラインを下げるしかなく、試合は一方的な展開になったとし、「幸運は準備のできている者だけが掴めるというが、日本は実力でコロンビアを圧倒し、8年ぶりに勝点3を勝ち取った」と綴っている。
 
 また、日本選手の活躍を取り上げるメディアもあった。
 
「西野監督、“ベテランの力+日本らしいサッカー”でコロンビアを制圧した」とヘッドラインを置いたのは、『XPORTSNEWS』だ。記事は、歴代最高齢の日本代表はパフォーマンスが不安視されていたとしながら、「しかし、日本代表のベテランは役割を果たした」と報道。「香川は冷静に先制ゴールを決めた」「長友はディフェンスをリードした」、そして「本田は決勝ゴールをアシストして、衰えていない左足のキック能力を見せつけた」と伝えている。
 
 決勝ゴールを決めた大迫勇也を取り上げるメディアも少なくない。「日本の大迫勇也、“コロンビア戦の勝利を呼び込んだ決勝ゴール”」(『Newsen』)、「“ヘディング決勝ゴール”大迫、コロンビアを撃沈」(『スターニュース』)といった具合だ。
 
 その一方で、初戦のスウェーデン戦に0-1で敗れた韓国と比較するメディアもあった。
 
『SPORTSQ』は、「日本サッカー、コロンビアに痛快なリベンジ…韓国と似て異なる点は?」とした記事で、「初戦でもどかしい攻撃を見せたのは韓国も日本も同じだった」としながら、「だが、それでも日本は結果を残した」と伝えている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ