週刊サッカーダイジェスト編集長が見たW杯メンバー発表

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年05月12日

総合力でも経験値でも前回大会を上回るザックジャパン。

昨秋の欧州遠征で上昇気流に乗った日本。柿谷や山口といった新戦力の台頭で、チームに安心感が生まれた。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

◇展望 ブラジル・ワールドカップ
 
 2010年のワールドカップ後にザッケローニ体制がスタートし、いきなり強豪アルゼンチンを撃破し、2011年1月にアジアカップで優勝、そして8月には韓国を3‐0で一蹴した頃は本当に勢いがあり、誰もが強さを認めるほどだったが、そこから徐々に調子が下がっていき、昨年のコンフェデレーションズカップではどん底まで落ち、固定したメンバーにこだわり続けるザッケローニ監督への批判が一気に噴出したものだった。
 
 しかし、ここから指揮官は積極的に試合ごとにメンバーを入れ替え始め、最終的にコンフェデレーションズカップ後に7人の国内組選手が台頭した。これは予想外であるとともに、大きな収穫だった。
 
 オランダ、ベルギー相手に大きな手応えを得た昨年11月の欧州遠征では、柿谷、大迫、山口蛍、森重真人が好パフォーマンスを見せ、チームがどん底から再び上昇する原動力にもなった。
 
 加えてこの遠征では、ザッケローニ監督もそれまで不動だったボランチに新たに山口を加えるなど、起用や采配に柔軟性を見せた。そうすることで、控え選手に対する信頼度も高まっていった。こうしてザックジャパンは、うまく新陳代謝を果たしたのである。
 
 今回のチームは前回の南アフリカ大会に比べ、総合力は段違いに上である。単純に海外クラブでプレーする選手の数でも、前回は4人しかいなかったが、今回は12人。しかも、所属するクラブもマンチェスター・ユナイテッド、ミラン、インテル……とレベルが高い。
 
 また、この4年間に多くの強豪国と対戦する機会を得たことで、チームとしての経験値も上がったと考えられる。
 
 サッカー協会によるキャンプ地の選定も迅速に行なわれるなど、これまで以上に本大会に向けてのバックアップ体制はしっかりしているし、準備も万全と言っていいだろう(大会前の親善試合で対戦する相手のレベルについては不満と不安が残るが……)。
 
人事は尽くした。あとはケガをすることなく、コンディションを整えて本大会を迎えることがすべてのカギを握る。
 
【関連記事】
日本代表 ブラジルW杯メンバー決定!!
週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果
サプライズ招集はあるのか? 週刊サッカーダイジェスト編集長が日本代表候補合宿を斬る
【日本代表】代表候補合宿のメンバー23名発表!!
W杯イヤー幕開け 週刊サッカーダイジェスト日本代表番へ「10の質問」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ