週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年04月10日

候補たちの滑り込み最終メンバー入りの可能性は?

 ワールドカップのメンバー発表までおよそ1か月のタイミングで開かれた今回の日本代表候補合宿で、アピールに成功したのは誰か――。最終日に行なわれた流通経済大との練習試合のパフォーマンスをもとに、“候補たち”のメンバー入りの可能性を探る。

 すでに大枠のメンバーが確定しているなか、週刊サッカーダイジェストは、残り枠は5つと予想。その内訳はCF(1)、攻撃的MF(2)、ボランチ(1)、CB(1)である。今回の合宿でもそのポジションに注目したが、各エリアに可能性を感じさせる選手が存在した。

代表経験が皆無なのは気になるところではあるが、他にはない特長を持つCFという点で川又堅碁は「ジョーカー」となる可能性を持っている。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 CFでは2本目に出場した川又堅碁がインパクトを放った。右からのクロスをボレーで合わせる豪快な一撃を披露する一方で、前線からのボールチェイスも忠実にこなした。本人は「とりあえず決めただけ」と納得のいかない様子だったが、身体の強さや左利きであるという点も含め、今後もザッケローニ監督が注目していく存在となりそうだ。

 ボランチで際立ったのは青山敏弘。「アピールよりもコンセプトの習得」に重きを置くスタンスのなか、持ち味の「縦への意識」を体現。豊田陽平への絶妙なフィードをはじめ、多くの攻撃の起点となっていた。

 CBでは塩谷司の適応力の高さが目に付いた。「初めて経験した」というSBではタイミング良いオーバーラップでサイド攻撃を活性化。途中からCBに移ると精度の高いビルドアップでリズムを作った。Jリーグでも好調を維持しており、これまで伊野波雅彦が務めていた「DFのユーティリティー枠」を奪い取るかもしれない。

 攻撃的MFではジョーカータイプとして、南野拓実が名乗りを上げた。コンセプトの習得にはまだ時間を要するだろうが、なにより1得点・1アシストという結果を出したことが大きい。過去の招集の傾向からも、ザッケローニ監督は「ジョーカー枠」に、若くて活きの良いタレントを抜擢したい意図が見える。高い攻撃性に加え、「強心臓」と「献身性」も備えた19歳のアタッカーが、23人枠にすべり込んだとしてもおかしくはないだろう。

 攻撃的MFのもう一枠、岡崎慎司のバックアップタイプの発掘作業は、成果を生み出せなかった。試されたのは工藤壮人と石原直樹だったが、ともにサイドに張るプレーが多く、岡崎が見せるような中への動きに欠けた。工藤はこの枠の一番手ではあるものの、これまでの起用法を見ても、ザッケローニ監督は決め手を欠いている印象。めぼしい人材が現われなければ、この枠を一枚削りCF枠を増やす可能性も考えられる。その場合、今回招集されなかった大久保嘉人や佐藤寿人といった実績のある“スペースキラー”の抜擢もあるかもしれない。

文:原山裕平(週刊サッカーダイジェスト編集部)

練習試合の様子はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ