ハリルが日本の“ポゼッション至上主義”に警報!「大事なのはデュエルとスコア。PSGもバイエルンに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月28日

「多くの指導者がポゼッションに対し脅迫観念に近い気持ちを持っている」

ネイマールらが躍動したPSG対バイエルン戦。ハリルホジッチ監督はこの試合を例に挙げて、日本のポゼッション至上主義に警報を鳴らした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ポゼッションよりもデュエルが大事だと実例を挙げて説明したハリルホジッチ監督は、さらに次のように続けた。
 
「デュエルについても以前から言っていますが、地上戦、空中戦の両方で重要です。昨夜の試合を観て、この一戦を説明しながら私の考えを伝えたかった。日本のサッカーは日本人選手の特長を生かした独自のアイデンティティーを築くべきです。私にとって重要なのは、デュエルとスコアです。唯一の真実は結果です。伝わったかどうか分かりませんが、お話したかった」
 
 18分間にも及んだこの独演会。しかも、メンバー発表を終えた最後にも、改めてこう語る徹底ぶりだった。
 
「ポゼッションが高いチームが勝つというのは正常ですが、私はポゼッションが高いから勝つのだと思っていない。モダンフットボールではそれと違った側面もあります。ポゼッションが高ければ勝てるという罠に、日本のサッカーは陥ってほしくない。A代表だけでなく、アンダー世代の監督やコーチにもしっかりこのメッセージを伝えたいと思います。多くの指導者がポゼッションに対して、脅迫観念に近い気持ちを持っている。それだけがすべてではない、それだけが真実ではないということを理解してもらいたいと思い、私の意見を伝えています」
 
 記者会見ではえてして独演会になりがちなハリルホジッチ監督だが、メンバー発表前の18分間という長さはやはり異例。日本の“ポゼッション至上主義”に、よほど警報を鳴らす必然性を感じていたのだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ