【J1採点&寸評】C大阪×広島|C大阪がゴールラッシュで6位浮上。4得点に絡んだあの俊英ストライカーが覚醒へ!?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2017年05月14日

広島――カウンターとセットプレーに対処できなかった守備陣は厳しい評価に。

【警告】C大阪=なし 広島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】杉本健勇(C大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
広島 4
連係プレーが出るようになった一方で、中盤での安易なボールロストが続出。球際のプレッシャーも甘く、C大阪の攻撃陣に面白いように攻め込まれた。守備の立て直しなくして浮上のきっかけは掴めない。

【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 4
2014年以来のリーグ戦5失点。GKだけの責任ではないが、カウンターに対するコーチングやDFがコースを切ったシュートでゴールを割られるなど、“大魔神”らしさは感じられなかった。
 
DF
4 水本裕貴 4
簡単に前に入られたり、スライディングを交わされ、悪い流れの餌食に。懸命に身体を張った守備が結果に結びつかないのは苦しい。
 
5 千葉和彦 4
前がかりになったところでボールを失い、4失点目を献上。「攻めなけばいけない」展開だったエクスキューズがあるとはいえ、カウンターを止められないのは計算外だった。
 
33 塩谷 司 3
M・ヨニッチに1対1で振り切られ、セットプレーで2失点。本来の得意分野で、覇気なくあまりに簡単にやられ過ぎている現状は看過できない。
 
MF
6 青山敏弘 4
“森﨑効果”で前線への長い縦パスが出始めた反面、ボールロストも増加。山村にあっさり交わされて同点弾を許し、自身のミスから2失点目を喫した後には座り込んで動けない場面も。ダメージの大きさを感じさせた。
 
8 森﨑和幸 6(65分OUT)
今季リーグ戦初スタメン。手薄なエリアを的確にカバーし、ボールホルダーに鋭いタックルをお見舞いするなど、。チームで唯一球際で戦っていた。
 
14 ミキッチ 5.5(83分OUT)
左サイドに攻撃が偏る時間が長かったなか、56分にはGKが一歩も動けないビューティフルゴールで今季初得点。ただ、直後に失点して「わずか2分間しか(ゴールの)余韻に浸れなかった」と悔しさを滲ませた。
 
18 柏 好文 5.5
身体のキレはキープしているが、サポートがなく、数的劣勢に悪戦苦闘。ミキッチの一撃につながるクロスはせめてもの意地だった。
 
30 柴﨑晃誠 5
見せ場は青山のスルーパスに追いつき、A・ロペスの先制弾を演出したシーンと、25分のシュートのみ。森﨑が交代した後はボランチに入ったが、ビルドアップを落ちつかせることはできなかった。
 
44 アンデルソン・ロペス 5.5
リーグ戦2試合連発を記録するも、厳しいマークに遭い徐々にプレーが雑に。強引にミドルシュートを放つなど、もったいない場面が目に付いた。
【関連記事】
最後の砦“ドクトル・カズ”でもダメなのか? 不振に喘ぐ広島が今すべきこと
【C大阪】“3度目の正直”で掴んだ勝利。殊勲の杉本に火をつけた柿谷のひと言とは?
降格圏に沈む広島で今頼れる男は誰? 『カッシー救世主論』
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ