【J1採点&寸評】C大阪×広島|C大阪がゴールラッシュで6位浮上。4得点に絡んだあの俊英ストライカーが覚醒へ!?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2017年05月14日

C大阪――M・ヨニッチが来日初の1試合・2ゴールをマーク。

【警告】C大阪=なし 広島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】杉本健勇(C大阪)

画像を見る

[J1第11節]C大阪5-2広島/5月14日/金鳥スタ
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
先制こそ許したが、ブロックを作って守りながら、カウンターを仕掛ける戦術がフィット。杉本の2発に加え、主武器であるセットプレーからも2得点を挙げるなど、ゴールラッシュを見せた。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
失点は守備が完全に崩された形と、ミキッチの豪快ミドルとほぼノーチャンス。11本のシュートを浴びながら冷静さを保って鋭いセーブを見せ、なんとか2点に抑えた。
 
DF
2 松田 陸 6.5(90+2分OUT)
柏と白熱の1対1を展開。前後左右の揺さぶりに必死に食らいつき、ディフェンスの枚数が揃った中央へのカットインに誘導する守備は見事だった。
 
14 丸橋祐介 6.5
左足のキックが冴え渡り、M・ヨニッチの2ゴールはいずれもこの男から。79分には自ら持ち上がり、強烈なシュートで広島ゴールを脅かした。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6.5
マッチアップした塩谷の緩慢なマークを見逃さず、セットプレーから2得点。柴﨑への反応が遅れ、先制点を献上した借りを倍にして返した。
 
23 山下達也 6
M・ヨニッチとのツインタワーでサイドからのクロスを迎撃。工藤のポストプレーやウイングバックのカットインも上手く無効化した。
 
MF
6 ソウザ 6.5
青山をターゲットに背後から技ありのボール奪取を披露。攻めては糸を引くようなミドルを見せるなど、攻守両面でプレーの質が高かった。
 
8 柿谷曜一朗 5.5
4分の決定機はシュートがGKの正面を突き、33分の一撃はポスト直撃。杉本や山村らと鮮やかな連係もあったが、ことフィニッシュに関しては物足りなさが残る。
 
10 山口 蛍 6
工藤にくさびが入るとすかさず囲み、ボールを奪ってカウンターを発動。ソウザの陰に隠れていたものの、全体のバランスを取りながらピンチの芽を摘んでいた。
 
46 清武弘嗣 6.5
スペースを的確に見極め、サイドからチャンスメイク。暑さと疲労から後半はやや失速したが、流れの中からのチャンスにはほぼすべて絡んでいた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ