【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|連戦に撒いた「餌」が最後の45分にもたらした効果

カテゴリ:連載・コラム

渡邉 晋

2017年05月02日

最後の2連勝は“5月攻勢”のきっかけとなる。

まだまだ隙があったように見えた守備だが、クロスへの対応は格段に良くなった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 守備には、まだまだ隙があった。簡単に背後を取られるシーンがいくつかあり、それをゼロにするように練習を繰り返さなければならない。シンプルに最終ラインの裏に抜けられてしまうと、前からのプレッシャーが無駄になってしまい、また思い切り良く前線からチェイシングに行きにくくなる。
 
 翻って、今までと比べて格段に良くなっていたのは、クロスへの対応だ。きちんとマークに付けていて、良い状態でシュートを打たせていなかった。先にボールに触ってクリアもできていた。
 
 今回の2連勝、特に2戦目の3-0はルヴァンカップでの勝利によって精神面で優位に立てたという点も要因のひとつ。リーグ戦8節・広島戦は最後の最後で追いつかれる(3-3)など、決して良い流れではなかった。
 
 そのなかでの26日の逆転勝ち。相手に退場者が出たとはいえ、あれは自信になったし、大きなアドバンテージになるとも思っていた。
 
 だが、向こうは「同じ相手に2度も負けられない」という強い気持ちでくると想定していた。だから試合直前に選手には、そういう話をした。「相手が『2度も負けられない』とくるのなら、同じ相手に2度勝ってやれ」と。
 
 結局、この2勝で4月の公式戦は3勝1分3敗のタイに持ち込むことができた。「リーグ戦で5試合ぶりの勝利」と言われたりするが、常にカップ戦を含めた公式戦すべてでのバイオリズム(流れ)を考えている。だからこそ大きな連勝だったんだ。
 
 加えて、4月になかなか勝てずに苦しんでいる時から「5月に絶対に挽回してやる」と“5月攻勢”を考えていて、その態勢も整いつつある気がしている。サポーターの皆さんには、これからの戦いぶりを楽しみに、ぜひ全力で後押しをしてもらいたい。
 
構成●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※渡邉監督の特別コラムは、J1リーグの毎試合後にお届けします。次回は5月7日に行なわれる10節・FC東京戦の予定。お楽しみに!
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水×仙台|まさに完勝!2点を決めた仙台のエースと守備の要を『7』に
【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|仙台のレジェンドが内外に示したベテランの意地
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【仙台】2年目の椎橋がプロ初得点! 市船の大先輩からのある言葉を忘れ「たぶんシメられます(笑)」
【仙台】新助っ人の正体見たり。強さと高さだけではない、クリスランの持つ生真面目さ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 今年も決定版が完成!
    2月15日発売
    2023年シーズン
    Jリーグ選手名鑑
    全60クラブを完全収録
    ハンディ版も好評発売中!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ再始動!
    3月23日発売
    欧州組集結でどう変わる!?
    新生日本代表
    ニューガイドブック
    Jクラブ戦術“魅力度”ランクも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2026年W杯へリスタート!
    3月16日発売
    3年後への新たな戦い
    FIFAランク
    上位100か国
    最新スカウティングレポート
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ