• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|連戦に撒いた「餌」が最後の45分にもたらした効果

【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|連戦に撒いた「餌」が最後の45分にもたらした効果

カテゴリ:連載・コラム

渡邉 晋

2017年05月02日

リーグ戦の前半は執拗に相手SBの裏を狙った。

リーグ戦9節・清水戦の後半開始すぐに平岡から石原にパスが入った。あの場面が3ゴールの始まりだったと思う。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ルヴァンカップでは、チームとしての戦い方という点で少し手の内を隠させてもらった部分がある。しかし、30日のリーグ戦では清水のほうが26日よりも変えてきた部分がたくさんあった気がする。
 
 そのおかげで前半は上手く試合を進められなかった。だが、「ここをこう修正すればいい」という明確な答が自分の中にあったので、特に焦りはなかった。
 
 もう少し具体的な話をする。攻撃面で言えば、前半は相手SBの背後を徹底的に突いた。トレーニングでもやっていたし、清水のカウンターをまともに受けないためにも効果的だろうと考えていた。
 
 すると、相手の最終ラインがスペースのケアを気にしたことで、前半途中からシャドーが空くようになった。しかし、すぐには使わなかった。早いうちに変化を付けてしまうと、後半の勝負所で相手が慣れてしまっていたり、ハーフタイムに修正を施されてしまう。執拗に裏、裏、裏。前半はその戦法に終始した。
 
 ハーフタイムのロッカールームでは「シャドーが空くからボールをどんどん入れろ」と指示を出した。すると後半開始してすぐに平岡(康裕)から石原(直樹)にキレイにパスをつけられた。あのシーンが3得点を奪ったことの始まりだったように思う。
 
 結果的に、ゴールは3つともシャドーの位置にボールを入れるのとは違う形で生まれた。ただ、シャドーを使うことで相手には迷いが生じ、ズレと判断の遅延を招いたと感じている。大きく捉えると、前半の裏へのボールが「餌を撒いた」ことになったのだ。
 
 相手の最終ラインが「どうせ蹴ってくる」と重心を後ろに傾ければ、シャドーが空く。シャドーにパスをつけて、そこに相手が食い付けば、次は違う場所が手薄になる。その結果が2点目のクロスからのゴールであり、3点目の菅井の得点だ。
 
 1日経ってから映像を見返すと、「もっと崩せたな」という気持ちが湧き上がってくる。やはり、局面での判断などのクオリティが不足している。その精度向上が、さらなるチャンス創出につながるだろう。
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水×仙台|まさに完勝!2点を決めた仙台のエースと守備の要を『7』に
【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|仙台のレジェンドが内外に示したベテランの意地
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【仙台】2年目の椎橋がプロ初得点! 市船の大先輩からのある言葉を忘れ「たぶんシメられます(笑)」
【仙台】新助っ人の正体見たり。強さと高さだけではない、クリスランの持つ生真面目さ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ