• トップ
  • ニュース一覧
  • 「我々には明確なプレーモデル、原則がある」“岡田メソッド”が浸透するFC今治とは一体いかなるチームなのか?

「我々には明確なプレーモデル、原則がある」“岡田メソッド”が浸透するFC今治とは一体いかなるチームなのか?

カテゴリ:Jリーグ

大中祐二

2022年03月12日

「フィロソフィーのもと、われわれには明確なプレーモデル、原則があって、それを共有している」

■今季のJ3を、こう戦う

 岡田メソッドという「知」を共有する、集団指導体制も、チームの大きな特徴だ。昨年、橋川監督の就任と同時に取り入れられ、岡田会長も試合中の議論に加わるようになった。

「去年の終盤は、パートナー企業の方と一緒で外せない時や、アウェーで映像でしか試合を見られない時も、電話でハーフタイムの議論に加わっていました。今年はキャンプも行きましたし、練習を見て、アウェーもすべて行きます」
 
 つぶさに見つめる会長のまなざしが、チームに自信と勇気を与えてくれるのは間違いない。橋川監督も、「いろいろな意見が入ってくるのはいいこと。高木(理己)コーチには自分の経験からくる意見があり、アカデミーからは渡邉憲司コーチが新たに加わりました。岡田さんが遠慮せずに言ってきて、私も遠慮せず返せる関係を作ってもいます。自由闊達に意見を言って、最後は私が決断します」と、この体制から最大限、効果を引き出すつもりだ。

 今季のJ3は、戦いの構図が大きく変わる。昨年は降格チームがなかったが、今年は相模原、北九州、松本、そして同じ県の愛媛と、4チームがJ2から降格してきた。JFLからはフィジカルに強みを持ついわきが新たに加わり、大型補強を敢行した岐阜はJ1クラスの選手を揃えている。

「相当、厳しい戦いになるだろうが、ブレずにやることがベスト。やれることをやっていくだけだし、何もレアル・マドリーと試合をするわけじゃない。補強でピースが埋まれば十分に戦っていけます」(岡田会長)

「フィロソフィーのもと、われわれには明確なプレーモデル、原則があって、それを共有しています。岡田メソッドをしっかり持ちながら、J2、J1を目指していかないと意味がない。走り勝ち、球際、切り替えで勝ちます」(橋川監督)

 岡田メソッドだからできるサッカーが、引き続き追求されていくことになる。今シーズンのスローガン、「帆を張れ 全速前進」でJ2昇格に突き進む準備は整っている。

取材・文●大中祐二(フリーライター)
 
【関連記事】
中国最大の体育大会で全国優勝!成果を見せ始めた「岡田メソッド」、YouTubeコンテンツ化に踏み切った岡田武史氏の想いに迫る!
愛媛出身の白濱亜嵐さんがデザイン! FC今治が『アシックス』の新ユニフォームをお披露目!!「絶対に勝つデザイン」
【J3】日程・結果
高木サガミハラ2年目、目標はJ3制覇と昇格。「これがエナジーフットボールだと感じてもらえるように」
大型補強で戦力充実のJ3岐阜が選手背番号を発表! 宇賀神は30番、田中順也は15番、ナンバー10を背負うのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ