特大のポテンシャル!ガーナにルーツを持つ189cmの中3FWに、U-15日本代表・廣山監督も期待大!

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年10月04日

2028年のロサンゼルス五輪を目指す世代。廣山監督の期待も大きい

足裏やヒールを使ったプレーを見せるなど、多彩な技術も。大型プレーヤーだが、繊細なテクニックも見せる。写真:松尾祐希

画像を見る

U-15日本代表を率いる廣山監督。磯崎のポテンシャルとこれからの成長に期待を寄せる。写真:松尾祐希

画像を見る

 ただし、課題を素直に受け止めて、取り組めるのは磯崎の強みでもある。今合宿の冒頭に行なわれたミーティングでは0-1で敗戦した東京五輪・準決勝のスペイン戦を踏まえ、「ゴール前の常識を変える」ための話があった。そこで磯崎も現実を直視。シュート精度を改善するために、自分の考えを再度整理した。
 
「スペインはワンチャンスを決めて勝利し、日本は逆に決められずに負けた。そこは個人としても心に残っている。なので、スペインのアセンシオのようにワンチャンスを決めて、チームを勝たせる選手になりたい」

 今回の活動中も、PA内のシュート精度を高めるためにコーチに教えを乞うた。特に助言を求めたのが相手GKとの1対1。駆け引きをするプレーが苦手だったため、「自分の気持ちを持って四隅に打ち込むことが大事」というアドバイスをもらったという。そうした取り組みが鹿島戦のゴールに繋がったという。

 兄は山梨学院高、弟は昌平の下部組織であるFCラヴィーダでプレーするなど、サッカー一家で育った磯崎。ガーナにルーツを持つストライカーは今後どのようなキャリアを歩んでいくのか。U-15日本代表の廣山望監督も磯崎の成長を楽しみにしている。

「PKを決めたところも含めて、ゴールを奪うプレーは彼の武器。前回合宿でも紅白戦でも得点を取りましたし、ひとつ上のU-16代表候補合宿でもゴールを奪いました。ひとつ上の代表に呼んだ時も含め、いずれの代表活動でも課題が見えた。それは本人にも言っていて、周りのスタッフからも『もっと良くなってほしい』という声が出ていました。ただ、(今回の合宿で)結果を出せた点は自信にしてほしい。今後も結果を出し続けて、自信を深めて自分の力でさらに変わってもらいたいですね」

 周囲の期待に応えるためにも、所属クラブでの取り組み方が重要だ。今回の合宿で得た自信と課題を自身に還元し、努力を継続していけば日本を牽引するストライカーになる可能性は十分にある。大宮で努力を積み重ね、再来年のU-17ワールドカップはもちろん、2028年のロサンゼルス五輪、2030年のワールドカップで得点源として活躍したとしても不思議ではない。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)
 
【関連記事】
「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
日独ハーフのアペルカンプ真大がドイツU-21代表に“飛び級”招集! 欧州最高峰の舞台に挑む
「いや、もう凄すぎ」古橋亨梧が抜群の嗅覚で決めた“復活弾”が反響!「飛び込むタイミングが完璧」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ