【J1採点&寸評】清水×甲府|11度目の正直――身体を張って守り切った甲府が“歴史的勝利”を挙げる

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2015年06月21日

守護神の河田をはじめ、無失点に抑えた守備陣は高く評価。

【警告】清水=M・デューク(58分) 甲府=保坂(90+1分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】河田晃兵(甲府)

画像を見る

【甲府|採点・寸評】
GK
21 河田晃兵 7
クロス対応は安定し、ピンチではビッグセーブ。82分のPKも止めて流れを渡さず、勝利を手繰り寄せた。
 
DF
41 土屋征夫 7
ポジショニングと読みが抜群で、危険な場面に常に顔を出して、無失点に大きく貢献した。
 
4 山本英臣 7
J1、J2を合わせてリーグ戦400試合出場を達成したメモリアルゲームで、守備陣を見事に統率して快勝に導く。
 
8 新井涼平 6.5
久しぶりの最終ラインでの起用だったが、冷静なディフェンスで清水のパワープレーにも耐え切った。
 
MF
16 松橋 優 5.5
対面のM・デュークへの対応に苦戦してなかなか攻撃に出ることができず、67分に無念の途中交代。
 
6 マルキーニョス・パラナ 6.5
チーム全体で奪ったボールを失う場面が目立つなかで、冷静にパスをつないで周囲を助けた。
 
18 下田北斗 7
守備に貢献しながらも、自らのパスで2ゴールを演出。どちらも精度とタイミングが見事だった。
 
27 阿部翔平 6.5
押される時間が長いなかで、攻守両面での落ち着いた対応やゲームコントロールが光った。
 
FW
23 稲垣 祥 6.5
前線からの守備でハードワークをこなし、決定的なシュートが1本。終盤はサイドの守りで奮闘した。
 
9 阿部拓馬 6.5
球際で強さを発揮。カウンターの起点になり、守備でも相手DFに圧力をかけ続けた。
 
10 バレー 6
相手のオウンゴールを誘う強烈なヘッド。しかし、左足内転筋を再び傷めて、20分に途中交代を余儀なくされる。
 
交代出場
MF
30 保坂一成 6
中盤に入ってボールをキープする時間を作るという役割は不十分だったが、ハードな守備は悪くなかった。
 
FW
14 堀米勇輝 6
76分から5-4-1に変えた中盤の左に入り、積極的に攻撃に絡んで2本のシュートを放つ。
 
FW
15 伊東純也 6.5
後半は縦パスを受けてカウンターの起点となり、裏に飛び出して貴重な追加点をゲット!
 
監督
佐久間悟 6.5
チーム全体で守備を徹底させ、これで就任から5試合で4つめの完封勝利。対清水戦の負の歴史に終止符を打った。

取材・文:前島芳雄
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

強烈なヘディングシュートで清水ゴールをこじ開けたバレー(10番)だったが、20分に負傷により無念の途中交代。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ