【清水】充実の石毛。輝きを取り戻した“清水の至宝”

カテゴリ:Jリーグ

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年05月31日

攻守両面で有言実行した背番号8。

地を這うような1点目、GKの手元で浮かび上がるような弾道の2点目。石毛は見事なミドルを2発叩き込み、試合を決定付けた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 スコアは5-2、決定機の数は10-3。この数字からも明らかなように、清水は予想だにしなかった快勝を収めた。システムやチームとしての戦術は、惨敗を喫した前節の湘南戦とほぼ変わらない。それでも、この日のホームチームは、攻守両面で明らかに川崎を上回る力強さがあった。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・14節
 
 その中心にいたのが、ともに2列目で出場した石毛と水谷だ。大榎監督の「ナビスコカップで若手がハツラツとしたプレーを見せてくれた。彼らのパワーをなんとか活かしたいと思った」という狙いが見事に奏功。序盤からアグレッシブに動き回り、ボールホルダーへのプレスを怠らない。その献身ぶりは、12.14㌔(石毛/両チーム合わせて2位)、12.53㌔(水谷/同1位)の総走行距離からも明らかだ。
 
 そしてマイボール時には持ち前の高い足もとの技術を発揮し、パスを丁寧につなぐ。相手を中盤で上手くいなしつつ、時に急所をえぐるようなテンポの良いパス回しには、川崎のお株を奪うような痛快さがあった。
 
 なかでも強烈なインパクトを放ったのが、前節に続いて今季2試合目の先発出場を果たした石毛だ。「中盤の3人で小刻みにつないで、守備でもハードワークしようと試合に入った」と語る背番号8は、まさに有言実行の働きを披露した。
 
 相手のパスの出どころをいち早く潰しに向かい、球際でも厳しく対応。ボールスキルは冴え渡り、水谷、竹内とのパス交換から何度もチャンスを作った。25分には枝村のダイビングヘッドをアシストするなど、正確なFKでも貢献した。
 
 さらに圧巻だったのは、後半のふたつのミドルシュートだ。64分に大前の落としたボールを思い切り良くインサイドでミートし、チーム3点目を奪取。80分には豪快に右足を振り抜き、完璧なコースにダメ押しゴールを叩き込んだ。
 
「ゴールという形でインパクトを残せたらと思っていた。それが実際にできて良かった」
 
 ヒーローインタビューを受ける石毛の表情には、確かな満足感が滲んでいた。
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水×川崎|攻め切った清水が5得点爆勝!
【J1展望】1stステージ・14節|清水-川崎|攻撃自慢の川崎をどう抑え込む?
【清水】不可思議な試合展開は、当然の敗戦で幕を閉じる
【清水】ドローのなかに見えたかすかな光明
2015 J1 1stステージ日程【13節~17節】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ