「欲を言えば来年にでも…」U-20日本代表MF樺山諒乃介が抱くパリ五輪とマリノスへの想い

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年09月04日

「まずは山形のJ1昇格のために全力を尽くしたい。パリ五輪、欲を言えば来年にでもA代表に入りたい」

 その気持ちにさらに火をつけたのがこの一戦だった。相手はトップチームではなく、練習生やユースの選手も加わったチームだったが、興國高の同級生で一緒に入団をしたMF南拓都、CB平井駿助なども出場。「やっぱりマリノスがやっているサッカーは本当に魅力的で、今まで自分がやっていたことを、いざ敵としてやってみたら嫌なサッカーをするなと思って『さすがマリノスやな』と思いました」と改めて自分が戻るべき場所としての価値を再確認できた。

 結果を出すことはできなかったが、今後の飛躍への起爆剤を得た樺山は、最後に今後に向けてこう抱負を語った。
 
「限られた現役生活の中でどれだけチャレンジできるかが重要だと思っているし、僕の(これからの)楽しみでもあります。まずは山形のJ1昇格のために全力を尽くしたい。パリ五輪、欲を言えば来年にでもA代表に入りたいけど、まずはしっかりとやるべきことをやる。結果を残していくことに拘っていきたい」

 世界を目指すことにブレはないからこそ、自分の成長のためにチャレンジし続けるのみ。どこまでも貪欲な若きアタッカーは、自らの牙をさらに研ぎ続ける。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)
【関連記事】
U-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバー発表! 鳥栖の中野、清水の鈴木唯ほか筑波大から2人が選出
「1番目立ってた」尚志高の“超逸材CB”チェイス・アンリがオランダの名門AZへ練習参加! 菅原由勢が明かす
総体ベストイレブン!今大会の主役・松木玖生など青森山田から最多4名を選出。得点王に輝いた2年生FWも
「プロ輩出」を最優先する淡路島の新設校から、無名の高校3年生・福井悠人がJ3デビューを果たすまで
【インターハイ】優秀選手33名が発表! 16年ぶりVの青森山田から最多8名! 準優勝の米子北からは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ