市川大祐が疲労困憊の吉田麻也に感じた微かな懸念。我慢比べになりそうなメキシコ戦への課題と光明

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月24日

角度のあるパスが入ると、相手の守備の目線も変わってくる

林らワントップの選手たちを生かすには角度のあるパスが重要だという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 もうひとつは、後半にあった吉田麻也選手がボールを奪って、久保選手に素早く縦パスを入れ、その後に久保選手からのパスを受けた三好康児選手がスルーパスを送り、林選手が抜け出しました。最後はパスがちょっと長くなってGKに獲られましたが、奪ったボールを素早く繋ぐことの重要さが分かるシーンもありました。

 この試合の南アフリカのように、守備の時にしっかりポジションをとって守られると、なかなかそれを崩すのは容易ではない。その場合には相手が攻撃に移る瞬間、相手がポジションを崩す場面ができるので、そこでボールを奪った瞬間に素早く縦に繋ぐ、クリアボールを攻撃にダイレクトに繋ぐとか、相手の陣形が整う前に素早く前向きの状況を作るというのも、重要なことです。

 前半から吉田選手や遠藤選手が狙っていましたが、相手の選手が集中し、フィジカル的に余裕があった前半は反応されていましたが、後半反応が鈍くなってきたところで、効果的に優位性を作れました。

 もちろん相手が蓋をしているので、なかなか前向きを作るというのは難しいのですが、横の揺さぶりだけでなく、縦パスも織り交ぜることが必要で、その縦パスにも、突破をするパスなのか、相手を集結させるためのパスなのか意味を持たせるのが凄く重要です。

 また、縦パスを入れるトライはしていましたが、緩急や角度をつけることでより効果を発揮します。この試合では少し斜めのパスというのが少なかったように感じます。

 斜めのパスが入るとみんなが動きやすい。身体の向きも整っているので、次の選手の関わりも持ちやすいですし、奪われた時にもすぐに守備に行ける。

 林選手が前線で身体を張っていましたが、スペースがかなり狭いので、少しでもタイミングやパスがずれると相手ボールになってしまう状況でした。よりプレーをしやすい状況、次のプレーが成功しやすい状況を作る為にも、角度のあるパスが入ってくると、ディフェンスからしても守備の目線が変わってくる。
 
 まっすぐ入る縦パスに対しては強く守備に行きやすく、入れ替わってカウンターも狙いやすい。それが斜めのパスだとフォワードの選手に半身で少し見られていたりして、思い切って行き辛い部分があります。

 例えば中盤とフォワードの選手が斜めの関係を作っておいて、ちょっとボールを触って角度を変えるフリックや、スルーをすることで次の選手も関わりを持って攻撃できますし、守備の狙いも絞り辛い。

 南アフリカ戦は久保選手が前に出ていることもあったので、2トップ的に林選手と関わり、コンビネーションがでてくるとまた面白いと思います。林選手に当ててからの組み立てではなく、そこにもう一人関わっていってコンビネーションも出てくると、相手としても非常に止めにくい状況になるはずです。

 同時に重要な動きは、相手の背後をとることです。前半は足下へのパスも多く後半に入ってやっと相手の背後をとる動きも出てきました。吉田選手から林選手へ出たボールや、相馬勇紀選手のプレーです。

 もちろん相手が素早くブロックを作っているということはありますが、ボールを奪った瞬間の背後は十分とれるはずです。どの瞬間に背後が狙えるかその状況を見逃さないというのも大事です。

 南アフリカ戦ではサイドからの攻撃も効果的に仕掛けられ、相手を崩してクロスも入れられたので、あとは中でどう仕留めるか。最後に久保選手がペナルティエリアの近くから一番良い形で仕掛けられたので、得点に繋がりました。より選手の特長が出るような場所で、プレーができる回数が増えると、相手も非常に守り辛いと思います。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった
「バカ可愛いです!」仲田歩夢が新ヘアスタイルで魅せた“横顔美人”に反響続々!「鼻たかっ」
韓国メディア各社が五輪初戦の“衝撃敗”に落胆…。「久保が先に笑った」日本の戦いぶりも広く報じる
「失望したよ」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”にレジェンドOBも苦言! 国内には擁護の声も【東京五輪】
【岩本輝雄のぶっちゃけ採点|南アフリカ戦】久保はさすがの一言。遠藤はボールを動かしていたけど…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ