「失望したよ」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”にレジェンドOBも苦言! 国内には擁護の声も【東京五輪】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月23日

「勝利よりも大事なものがあるはずだ」

軽率な態度が大きな反響を呼んでいるイ・ドンギョン。ルーマニア戦への影響はいかに!? (C)Getty Images

画像を見る

 ショッキングな敗戦の余波が広がっている。

 木曜日にカシマスタジアムで行なわれた東京五輪・男子サッカーのグループリーグ第1節、韓国vsニュージーランドの一戦だ。終始ボール支配で優位に立った韓国ながら決め手を欠くと、70分に手痛いしっぺ返しを食らって被弾。格下相手に0-1の苦杯を舐めたのだ。
【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 全国紙『朝鮮日報』は「不甲斐ない戦いぶりに批判が相次いでいるが、それは試合に負けたからだけではない。ひとりの選手の非礼な態度も糾弾されている」と指摘。問題のシーンが起きたのは試合直後だった。決勝点を挙げたニュージーランド代表のFWクリス・ウッドが、韓国の10番であるMFイ・ドンギョンに歩み寄って握手を求めたところ、なんと拒否されてしまったのだ。

 イ・ドンギョンはウッドと視線を合わせることなく、差し伸べられた手を軽く叩き、足早にその場を立ち去った。これにはさすがに『朝鮮日報』の記者も憤慨し、「あるまじき振る舞いだ。彼のマナーはパフォーマンスより酷かった。勝利よりも大事なものがあるはずだ」と断じたのである。

 さらに同紙は、元韓国代表FWで2002年日韓ワールドカップなどで活躍したレジェンド、アン・ジョンファン氏のコメントを紹介。氏は韓国テレビ局『MBC』の解説者として試合実況に参加し、その光景を目撃すると「ちょっと失望だな……」と絶句して呟いたという。
 
 一方で韓国国内にはイ・ドンギョンを擁護する声も少なくないようだ。こちらは「試合に負けて興奮状態なのだからしょうがない」「彼の気持ちも分かるよ」「五輪ガイドラインが握手を禁止しているのでは?」「彼のSNSにまで誹謗中傷のコメントを書き込むのはやりすぎ」といった論調だ。

 にわかに吹き荒れるU-24韓国代表への逆風。失地回復への早道は、次戦となるルーマニア戦(7月25日)できっちり勝利を挙げ、ベスト8進出に望みを繋ぐほかない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
「赤信号が激しく点滅!」格下ニュージーランドに敗れた韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「楽観ムードは吹き飛んだ」【東京五輪】
「日本と韓国は似ている。ただ…」名手ファルカオは両代表チームの“違い”をどう見ている?
「イ・ガンインの名さえない」韓国メディアがスペイン紙選出の“東京五輪注目5傑”に落胆!「クボはいるのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ