6月シリーズから探るアジア最終予選の顔ぶれは? レギュラーが確定的なのは9名。U-24が入る余地は…

カテゴリ:日本代表

西部謙司

2021年06月16日

ライン間受けができるA代表の選手は現状で鎌田だけ。U-24から入るとすれば…

ライン間でボールを引き出す術に長けている鎌田。いまや日本代表に不可欠な存在に。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 中央は手が少ない。相手のライン間で受けられる選手がいるかどうかはサイド攻撃の成否にも関わってくるのだが、EUROを見てもライン間受けのできる選手は強豪国でも2人程度しかいない。ここの人材はとくに相手に引かれた時のポイントになるが、日本では現状で鎌田だけだ。

 南野、鎌田の2シャドーも試していたが、南野はセカンドストライカーとしては抜群ではあってもライン間のスペシャリストではない。伊東も得意ではない。原口元気をキルギス戦でトップ下に起用したが成果は得られなかった。

 ライン間受けに限れば、堂安と久保が優れているので、どちらかを右サイドに置いて中へ移動させれば鎌田と2人がライン間受けを担当できる。ある程度守備力もある堂安に可能性があるが、左サイド同様にオプションにとどまるかもしれない。
 
 ライン間を鎌田1人に任せ、むしろサイドチェンジからのサイドアタックをメインにする。あるいは、鎌田に堂安をプラスしてライン間攻略の手数を増やす。2つの選択肢から、相手や状況に応じて選ぶことになるのではないか。

 キルギス戦のハットトリックで1トップの序列にオナイウ阿道が食い込んできた。ここは大迫をメインにオナイウとU-24の上田綺世がバックアップを争う構図だろう。

 酒井、吉田、冨安のDFは不動だが、ただし山根の攻撃力はすでに酒井を超えているので酒井との差はそれほどなさそうだ。遠藤と組むボランチは東京五輪次第で田中が浮上するか。

文●西部謙司(スポーツライター)
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
「ニッポンは我々の選手よりも…」キルギス指揮官、認めざるを得ない日本代表との差に言及
日本代表に目立ってきた良質な遅咲き。Jリーグは良い年輪の刻み方をしている【識者の視点】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ