【セルジオ越後】シュートすら打てない相手に最後のサバイバル? 低レベルな試合で当落が決まる選手がかわいそうだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

メディアは勝った競技しか取り上げない。五輪は勝つしかない

メキシコ五輪以来のメダル獲得を目指す日本。ホスト国のアドバンテージを活かし悲願達成なるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 選手選考のことはさておき、6月の強化試合が低レベルに終わってしまい、どうやら五輪はぶっつけ本番的な感じで挑むことになりそうだね。ぶっつけ本番というのは、前にも述べた通り、今回の試合がまったくシミュレーションになっていないから。これで南アフリカやメキシコに対して準備ができたと思っている人はいるのかな?

 しかし、どんな準備で臨むとはいえ、オリンピックは参加するだけでは何も意味がないイベントだ。メディアは勝った競技しか取り上げてくれないから。自国開催だから、競技への影響力も大きいのは間違いない。そのへんは協会もよく知っているはずで、オーバーエイジにA代表の主力をいち早く持ってくるなんてことは今までの大会でまずなかったこと。ただ金メダルを目標にする割には、強化試合の相手はいまひとつだったけどね。
 
 それでも、日本サッカーにスポーツ界を代表するようなスターがこの大会を通じて出てくれば喜ばしいことだ。それには、勝つしかない。このコロナ禍や、ユーロやコパ・アメリカも同時期に開催されて、どんなレベルの大会になるか分からない中、U-24世代とOAを含めたベストメンバーで臨めるのはプラス材料だ。選手たちには頑張ってほしいね。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】圧巻の股抜きシュートで先制ゴール!久保建英を特集
【関連記事】
東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」
金田喜稔がジャマイカ戦を斬る!「久保の股抜き弾はギネス級。世界を感じさせた上田の左足アウトのタッチ」
【関塚隆の目】“意図”が読み取れたサイドの人選…そこに巧みに絡む久保は実に頭脳的だ【U-24日本対ジャマイカ戦】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ