• トップ
  • ニュース一覧
  • 金田喜稔がジャマイカ戦を斬る!「久保の股抜き弾はギネス級。世界を感じさせた上田の左足アウトのタッチ」

金田喜稔がジャマイカ戦を斬る!「久保の股抜き弾はギネス級。世界を感じさせた上田の左足アウトのタッチ」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

「久保はひとりだけ“異質”だった」

久保はここにきてさらに凄みが増した感がある。周囲との連係もますます高まり、気持ち良くプレーできているのではないか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本は強い。それを強く印象づける勝利だった。U-24代表がジャマイカのフル代表に4-0。たいしたもんだよ。先日のA代表はセルビアに1-0の勝利。相手どうこうはあるかもしれないが、A代表とU-24代表の戦いぶりを見ると、むしろ日本が強くなりすぎているんじゃないか。確実にレベルアップしているように感じる。

 ジャマイカ戦はゲームの入り方として、立ち上がりにどっちが主導権を取るかというせめぎ合いのなかで、右サイドバック酒井の存在感がずば抜けていたね。

 彼は本当に“戦える”選手。局面の勝負で身体をぶつける、そこを通されたら危ないという場面で身体を張る、インターセプトを狙う。そうやってマイボールにする。あれはチームを引き締めるし、流れを呼び込む。オーバーエイジとしての責任感の表われなのか、プレーで味方を奮い立たせていた。もう最高だね。

 最終ラインでは、先発した町田も気になっていた。フィード能力の高いセンターバックだけど、この試合では少しミスがあったかな。くさびのパスを相手に狙われたり、左サイドへのアウトサイドのパスが乱れることも。個人的には期待している選手。本来の持てる力を出し切れなかったのは残念だったが、五輪メンバーに入れるかどうか注目だ。

 攻撃陣に目を向ければ、メンバー発表前の最後の試合でもあっただけに、アピール合戦の様相を呈していた。そのなかでも、ちょっと他とは違うのが久保だった。
 
 ここにきてさらに凄みが増した感がある。ボールタッチひとつとっても、もちろん良い意味でひとりだけ“異質”だった。なによりも、あの先制点。DF3人とGKの股を抜くシュート。そんなの見たことある? ワシはない。あり得ない。もう笑ってしまったよ。

 今後もないだろうね。ずっと語り継がれる、それこそギネス級のゴールだ。

 右サイドでは堂安と好連係を見せれば、左サイドでは三笘だけでなく、その後ろにいる旗手とも良いリズムで攻撃を形成していた。久保が気持ち良さそうにプレーできる環境だった。これはチームの力を最大限に引き出す要因になる。左右どちらかに偏らず、バランス良く攻撃を繰り出せる。相手にとっては脅威だろうね。

【PHOTO】圧巻の股抜きシュートで先制ゴール!久保建英を特集!
 
【関連記事】
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」
【U-24日本4-0ジャマイカ|採点&寸評】際立っていたオーバーエイジ2人を最高評価!MOMに選んだのは…
どこよりも早い東京五輪メンバー18人予想! 6月シリーズ3試合の選手起用で見えた“優先順位”
「おしゃれすぎる」「神ループ」上田綺世の鮮烈フィニッシュに脚光!「三笘、絶妙スルーパス」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ