東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年06月13日

残る2枚はアタッカーから選出

ゴールこそなかったものの、A代表戦では印象的なプレーをした林。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ダブルボランチの遠藤航と田中は本番でも不動だろう。ここも3番手は板倉で、4番手が中山となる。

 従って、残る2人はアタッカーだ。まず圧倒的なスピードを誇り、トップでも2列目でも機能する前田大然は外せないだろう。ゴールでアピールすることはできなかったが、プレスバックは高い評価を受けており、クローザーとしても期待できる。

【PHOTO】U-24日本4-0ジャマイカ|五輪メンバー発表前最後の試合は遠藤航、久保らのゴールでジャマイカを相手に4発快勝!
 田川亨介、遠藤渓太、食野亮太郎はインパクトに欠けたため、最後の1枠で迷ったのが、林大地と三好康児だ。堂安や久保のバックアッパーとしては後者が最適だが、途中出場で流れを変えられるタイプではない。旗手も2列目でプレーでき、さらに堂安と久保のどちらが欠けた場合に採用しうる4-3-3を練習で試したことも考慮し、林を選んだ。

 ジャマイカ戦では出番がなかったが、1トップでのパフォーマンスをチェックするための前田先発、レギュラー候補の上田の途中交代という流れでは仕方なかったか。本大会では、DFかMFを1枚削ってストライカーを投入する場面が必ずあるはず。その時の駒として、この“ビースト”は適材だ。

 怪我や出場停止のリスクや、中2日での連戦が続くハードスケジュールをどれだけ考慮するのかによっても、人選は変わってくる。いずれにしても、森保監督と横内コーチは頭を悩ませることになるだろう。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
【関連記事】
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」
OA枠を最も効果的に使えるのは日本ではないか。「助っ人外国人のよう」と久保が評した3人の招集でメダルへの視界が開けた【ジャマイカ戦|戦評】
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
【U-24日本4-0ジャマイカ|採点&寸評】際立っていたオーバーエイジ2人を最高評価!MOMに選んだのは…
どこよりも早い東京五輪メンバー18人予想! 6月シリーズ3試合の選手起用で見えた“優先順位”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ