【広島】浅野と野津田が生む“正のスパイラル”

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年04月26日

20歳コンビがチーム力を底上げする呼び水に。

清水戦では「ゴール」という結果は野津田に譲った浅野だが、森保監督から球際でのアグレッシブさを高く評価された。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 若いふたりも、自分たちがチームをリードするつもりでプレーしているという。
 
「ふたりで一緒に出た時は、やれるという自信しかありません。(浅野が活躍する姿を見て)悔しい気持ちもありましたけど、アイツとは競うという部分以上に、切磋琢磨して、一緒にこのチームを引っ張っていこうという気持ちのほうが強い。お互いがお互いのことを分かっているので、もっともっとチャンスを作って、ふたりで点を取る試合を増やしたいですね」(野津田)
 
 さらに、森保監督は20歳コンビがお互いを高め合う以外にも、チームに相乗効果を生んでいることを評価する。
 
「彼らは仲が良く、お互いにライバルでもあり、すごく良い関係。チームとしても、上手くなりたい、強くなりたい、より成功したいと、貪欲にやってくれていることが他の選手にも刺激になるし、チームとしても成長できるひとつの部分です。彼らが目に見えた結果を出し始めてきたので、良い競争をしながらチーム力を高めていけていると思います」
 
 髙萩洋二郎と石原直樹が抜け、攻撃力ダウンは今季の懸念材料だった。事実、リーグ戦3~5節は3試合連続ノーゴールに終わった。それでも、柴﨑晃誠、ドウグラスがシャドーで先発起用された直後の2試合(FC東京・清水戦)では、途中出場の浅野と野津田がゴールを挙げ、チームを勝利に導いている。
 
 浅野と野津田からすれば、もちろん毎試合スタメンで出場したいところだろうが、キャプテンの青山は開幕前のインタビューで「プレッシャーをかけたくないのが正直なところで、伸び伸びやれば良さを出せるはず。僕らはそのチャレンジの手助けをできればいい」と話している。“親心”を見せるキャプテンを納得させるほどの活躍を見せた時、チームのレベルはさらに一段上がるに違いない。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】広島×清水|試合巧者の広島が必勝パターンで逃げ切る
【広島】チームの救世主へ――浅野拓磨の誓い
【広島】“紫のバンディエラ”へ――茶島雄介が掴んだ確かな自信
【鹿島】無失点がいまだゼロ。悪い流れを止める術は?
【山形】得失点差「-5」が物語る残酷な現実
【浦和】時に5トップに――。関根貴大の積極性とミシャ戦術が合致して生まれた理想的な一撃

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ