“想定内”から“予定調和”の勝ちっぷり。開幕5連勝の名古屋、盤石の強さは偶然ではなく必然だ

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年03月18日

慌てず、騒がず、淡々として勝つ

今季で就任3年目のフィッカデンティ監督。知略に富む采配で勝ち星を積み上げている。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 先制後に投入したマテウスが追加点を決め、その後に送り込んだ山﨑がチームにアドバンテージを築くなかで3点目。そのふたつの追加点に好調の相馬がフル出場で絡んでいく流れも見事で、恒例の木本恭生を入れての守備固めも後半アディショナルタイムで十分なほどに試合は安定していた。

 木本と同時に入った齋藤学が数分の中でしっかり時間稼ぎに従事したことも小さくない事象で、ピッチに立つすべての選手が試合に勝つためのプレーを徹底するという名古屋のカラーは、試合をこなすごとに濃く強くなってきている気がする。

 開幕から無傷の5連勝はクラブ新記録であり、次節からは記録更新はどこまでいくか、という話題も増えた。指揮官は代表ウィークによる中断を迎える次節までを序盤戦の区切り、振り返って見直すべきひとつの期間と見なしており、全勝で終えて最高のブラッシュアップに臨みたい気持ちは当然あるだろう。

 選手たちはといえば「記録は後からついてくるもの」(前田)と次戦の勝利しか目に見えておらず、好成績から得られる自信も含めて、良い精神状態で鹿島に乗り込む。この強さは勢いや偶然にあらず、平静として必然のものだ。慌てず、騒がず、淡々として勝つ。相手からしてみれば、これほど嫌な相手は、なかなかいない。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

【チアグランパスPHOTO】スタジアムを華麗に盛り上げるチアリーダーたち

【J1第5節PHOTO】名古屋3-0横浜FC|名古屋、クラブ新記録の開幕5連勝!!後半3得点で横浜FCに完勝!
【関連記事】
日本代表“初選出”8人の現在地。今回の3月シリーズで活躍が期待できそうなのは?
「欧州組9人を揃えてきた」発表された日本代表23人に韓国メディアも警戒!「南野は招集、久保は除外」
「日本で初めて経験したのが…」名将ヴェンゲルが明かした名古屋時代の“苦悩”とは?
名古屋の守備は何が凄いのか? C大阪から加入した木本恭生が神戸戦初先発で実感したことは…
【名古屋】点を取りたければ、守れ――逆説的アプローチでさらなる高みへ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ