【2020年の日本人選手ベスト11 vol.1】Jで別格の輝きを見せた三笘だが、舞台の質を考えればMVPは…

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年12月20日

加部究氏が選ぶ2020年のMVPは――Jで別格の輝きを見せた三笘とも考えたが…

ブンデスリーガではデュエル・マイスターとして讃えられる遠藤。日本代表でもいかんなくその実力を発揮している。(C) Getty Images

画像を見る

遠藤航(シュツットガルト/MF)

 ブンデスリーガでデュエル・マイスターと讃えられた実力を、日本代表戦でも十分に証明。とりわけパナマ戦では、後半から登場して流れを一変させており、ボランチひとりの多大な影響力を知らしめた。所属のシュツットガルトでも不可欠の存在で、1部に昇格した今季も開幕からフル出場を続け、上位に食らいつく原動力となっており申し分のないMVP。Jで別格の輝きを見せた三笘とも考えたが、さすがに舞台の質と出場頻度が違い過ぎた。

文●加部究(スポーツライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ