ベルギー移籍を発表した斉藤光毅。“サッカー小僧”を象徴する久保建英へのライバル心と高校時代の驚愕エピソード

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年11月22日

「彼が結果を残したら危機感が生まれる」

「僕には同い年の久保建英という存在がいます。彼が結果を残したら危機感が生まれますし、『俺はこんなんしていていいのか?』『もっとやらないといけないんじゃないか?』という気持ちが湧いてくるので、それは前に進む原動力のひとつになっています。やっぱりこの年代から上の世代でプレーをすると、チヤホヤされる可能性はありますが、そこで調子に乗ったり、勘違いをすることはしないように僕は意識をしています」

 明秀日立との一戦後、彼は引き締まった表情でこう口にしていた。あれから2年、斉藤はこの言葉そのままに地に足をつけ、常に自分にベクトルを向けながら思考とトライを重ねて成長し、海外へと旅立つ決心をした。

「まだJ1リーグで3点しか取れていないし、最近はゴールがない。それはすごく課題に感じているので、ゴールに近い場所で力を発揮することは徹底しています。まだまだ足りないと思うし、そこは自分で工夫しながら突き詰めてやりたい」

 U-19日本代表合宿でこう口にしたように、まだ横浜FCの一員としての責務がある。チームをひとつでも上の順位に押し上げるべく、12節の清水エスパルス戦から遠ざかっているゴールを挙げ、有終の美を飾ってから自分の夢に向かって羽ばたいていく。

「日本では味わえない経験をして、自分で考えて、自分で乗り越えられるように、常に自分にベクトルを向けながらやっていけたら、いろんな場面で生きてくると思います。よりいっそう気を引き締めてというか、覚悟と誇りとプライドを持っていきたいと思います」

 サッカー小僧はどの環境に行っても変わらない。これからも地に足をつけて彼はより険しい道を突き進もうとしている。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【U-19日本代表合宿PHOTO】西川、斉藤も躍動。アジア選手権に向け猛アピール
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ