• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】仙台2-3神戸|MOMは1G1Aの俊足アタッカー!15戦未勝利の仙台は意地見せた長身FWを高評価

【J1採点&寸評】仙台2-3神戸|MOMは1G1Aの俊足アタッカー!15戦未勝利の仙台は意地見せた長身FWを高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年10月29日

仙台――勝ちたいという気持ちを最後まで出し続けた長沢

MF
7 関口訓充 6(69分OUT)

前半から攻守に奮闘するも、後半早々に自身のサイドから2本クロスを上げられ2失点。しかしその直後、粘りのプレーでサンペールからボールを奪って長沢のゴールにつなげる気迫を見せられたのは良かった。

9 イサック・クエンカ 5(58分OUT)
時折キープ力の高さや創造性のあるパスを見せるなど、コンディションは徐々に戻っているが、周囲との連係をさらに高めなければ活躍は難しい。

FW
20 長沢 駿 6.5

前半から激しいプレスをかけてゴールを狙い続け、2失点後相手の隙を突きゴールを奪い、チームを奮い立たせた。2得点目もマークを引きつけ飯尾のゴールをお膳立て。勝ちたい気持ちを最後まで出し続けた。

42 山田寛人 5(58分OUT)
ディフェンスラインの背後のスペースを狙おうと奮闘は見せていたが、前線でボールをキープできず、背後に抜け出そうとしても相手DFに追いつかれてしまい、相手の脅威とはならなかった。
 
交代出場
MF
14 石原崇兆 5.5(58分IN)

左サイドハーフに入ったこともあり、これまでよりも積極的に仕掛ける姿勢を見せることはでき、決定機もつくった。あとはゴールにつながるプレーを生み出したい。

FW
29 アレクサンドレ・ゲデス 5.5(58分IN)

相手の最終ラインの背後を狙おうとはしていたが、思うように決定機を生み出せず、シュートを打てなかった。

MF
28 佐々木匠 6.5(69分IN)

セットプレーの後、左サイドに流れたボールを拾い、右足で上げたクロスで飯尾のゴールをアシスト。仙台復帰後初めてゴールにつながるプレーを出せた。その後も積極的なプレーを続け、コンディションの良さを窺わせた。

MF
37 中原彰吾 6(69分IN)

これまでよりも前を向いて積極的にプレーする機会が増え、攻撃にも積極的に絡み、良いリズムをつくり出せていた。

MF
30 田中 渉 ―(84分IN)

攻撃面を期待されての途中交代だったが、あまりボールに触れず決定機を生み出せなかった。

監督
木山隆之 5.5

前半は守備一辺倒となり、後半はサイドの守備の甘さを突かれ、またもホームで敗戦。ただ、交代選手が機能し、5試合ぶりに得点できた事実はプラス材料であり、次は勝点という結果につなげたい。

ハイライト動画&詳細マッチスタッツ(ポゼッション率、空中戦勝率、デュエル勝率 etc.)
【関連記事】
選手の目には涙も…15戦未勝利の仙台、木山監督が苦しい胸の内を吐露「勝つためにはもっと粘らないと…」
最下位の仙台が3連敗で15戦未勝利、5試合ぶり得点も及ばず…神戸が3-2で撃ち合いを制す!
「お金が目当てじゃない」元神戸監督フィンクが“日本サッカー”を語る「私にとってかけがえのない時間で…」
【J1採点&寸評】FC東京1-3柏|クリスティアーノとオルンガが大暴れ。FC東京は頼みの守備陣が崩壊
【J1採点&寸評】広島3-1横浜|チャンスを逃さず仕留めたチーム内得点王がMOM!移籍後初スタメンの横浜GK高丘は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ