【J1】サッカーダイジェスト担当記者が2015シーズンを展望 FC東京編|“武藤依存症”を改善できるか

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年03月03日

「「FC東京を引き上げられるのはFC東京をよく知る者」。

前田と武藤の2トップが機能すれば、ゴール量産は確実。味方のサポートもポイントになる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)。

画像を見る

Q
今季の目標は?
リーグ制覇
 
 大金社長曰く、「選手のボトムアップを図るとともにチーム一丸となってタイトルを獲ることが最大の目標」。今季からゼネラルマネージャー就任した立石氏(昨季まで強化部長)も、次のようにタイトルへのこだわりを見せる。「東京五輪が開催する2020年まで、(タイトルの数を)最低でもふた桁にする。鹿島のように常勝軍団と呼ばれるようになるのが、首都クラブの使命と考えています」。
 
Q
目標達成へのポイントとキーマン
 
 昨季より厳しくマークされる武藤が、そのプレッシャーを掻い潜りゴールを量産できるか。「FC東京を(リーグのトップに)引き上げられるのは、FC東京をよく知る者」という森重の言葉を鵜呑みにするなら、ユース出身でプロ2年目の武藤にはクラブを引っ張る活躍が必須になる。昨季のチームアシスト王・太田にも期待。前田という優秀なターゲットができたおかげで、トレードマークの“巻くクロス”は冴え渡るはずだ。本気でリーグアシスト王を狙っている彼の左足からも目が離せない。
 
2トップが抑え込まれた場合は、トップ下の河野とインサイドハーフの出来が鍵。とりわけ、昨季思うようにゴールを奪えなかった米本、三田、東に奮起を求めたい。
 
文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ