【G大阪】やはり別格だった昌子源。“Jリーグ最強3バック”完成への道筋は見えたか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月09日

失点後、「自分たちから悪くするな!」と熱い発破も

昌子に厚い信頼を寄せる宮本監督(中央)。復帰して即座に守備の中心軸に据えた。写真:田中研治

画像を見る

 指揮官も認める通り、急造3バックでのスタートはひとつの賭けだった。だがこれは開幕前から想定されていたベストセットであり、それぞれが一騎当千にして、代表チームでもディフェンスリーダーをこなせる実力者だ。Jリーグ最強の3バックが、ようやく本格始動したのである。

 ぶっつけ本番のファーストセッションで、昌子はどんな手応えを得たのだろうか。

「3バックはどの位置でやるにしても、みんなでコントロールしないといけない。そのうえで両脇のカバーとか、統率のところが真ん中には問われる。大分戦では高尾(瑠)、松田(陸)と組みましたけど、彼らは若くて経験も少ないので、僕がこうしろああしろと言った部分に率直に動いてくれた。でも弦太とヨングォンは違う。それぞれにスタイルが確立されている。僕が動かすんじゃなくて、彼らにまずはさせて僕のところで回収するとか、僕がこうするからこうしてほしいとか、そんなことを意識しながらプレーしてましたね。3人でやったのは練習でもほとんどなくて、確かにぶっつけ本番に近かった。それでも能力が高いから……。活かし活かされながらやっていければと思う」

 宮本監督も「コンビネーションであったり、構えた時の守備の仕方であったりは、もっとスムーズさが必要かなと思いました。これはある程度の時間が必要。それでもお互いがコミュニケーションを取って、試合中に修正するところも見られた。(観客が少ないため)声が通るところも、それぞれが上手く活用していましたね」と感想を述べ、45分間でも厳しければ交代させようと考えていた昌子をフルタイム起用した。
 
 ただ、1点をリードして着実にゲームプランを遂行していたG大阪だったが、60分にミスから失点を許し、ずるずると全体のラインを下げてしまったのはいただけない。

 昌子は「後半の闘い方は苦しかったし、それはチームのみんなが思ってることでしょう」と反省の弁を述べ、「とにかく、『自分たちから悪くするな!』って言葉を掛け続けました。自分たちのミスから悪い展開になってしまったけど、そこで沈むんじゃなくて、自分たちから悪くするのだけはやめようと。そこの声掛けはずっとしてましたね」と振り返る。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪2-1横浜FC|MOMは劇的決勝弾のフィジカルモンスター! ワンプレーに泣いた横浜FCは…
「ヤットさんにモノを言える人がいない」“新加入”昌子源が明かしたG大阪と鹿島の大きな違い
「想像の5倍は上を行っていた」昌子源がフランスで最も衝撃を受けた選手は?
「選手ファーストじゃなかった」「3か月休むと給料が…」G大阪・昌子源が語った日本復帰の真相
「いままでのガンバにはいなかった…」プラチナ世代コンビ、宇佐美貴史&小野裕二が提示する“娯楽性”と“勝利の方程式”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ