「僕とイ・ガンインは戦犯に…」マンC移籍の超逸材MFがバレンシア時代の苦境を激白「汚すためにいる従業員もいた」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月07日

キャプテンとの軋轢も…

バレンシアの生え抜きでありながら、あっさりとクラブを離れたフェラン。その要因にはチーム内での立場も関係していたようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 フロントへ不満を抱えていたフェランは、チーム内でも蚊帳の外にあったようだ。

 昨年9月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、クラブ幹部との対立と成績不振を理由にシーズン途中で解任されると、フェランはキャプテンのダニエル・パレホを中心として一部の選手から“戦犯”として扱われたという

「ダニは素晴らしい選手だけど、関係は良くなかった。最初にトップチームに来たときも、『おはよう』という簡単な挨拶を交わすまでに何週間もかかったぐらいさ。

 ハッキリ言って、僕にとって彼はいいキャプテンではなかった。最悪なのは、マルセリーノが解任された後だ。そのことで、僕とイ・ガンインがロッカールームで犯人とみなされ、スケープゴートにされた僕らは数週間もチームで話すことができなかった」

 そして、フェランはユース時代からの同僚であり、現在はクラブとの契約更新問題に揺れているイ・ガンインに、次のように言い残している。

「イ・ガンインのことは愛している。彼のことは互いにサポートし合ってきた。彼は素晴らしい選手になると思う。だからこそ、彼が僕と同じ過ちを犯さないことを願っている。これまでに困難を経験し、孤独を感じてきた。彼は愛と信頼を必要としているよ」

 バレンシアで苦境にあったことを漏らしたフェラン。一連の発言は、しばらく波紋を広げそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ