札幌がタレント軍団を相手に見せた“エンターテイメント” 「クラブ規模で言えばバイエルン対パーダーボルン」

カテゴリ:Jリーグ

斉藤宏則

2020年08月03日

ミシャ監督の「観る者を楽しませるサッカー」

ペトロヴィッチ監督が見事な手腕を発揮。敗れはしたものの魅力的なサッカーを繰り広げた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 柔軟性があり合理的な手法だろう。横浜戦のように広範囲でマンマークを徹底すれば相手から自由を奪える。ただし、神戸相手にそれを実行すれば、サンペールや山口、さらにはイニエスタらと常にタイマン勝負をするわけで、普通に考えて分が悪すぎる。ならば多少の自由は与えながらも、なるべくそれを自分たちの監視下でやらせようとし、肝心なところで自由を奪いにいった。

 試合前、ミシャ監督はこうも話している。
「日本では、神戸のような相手に対してはブロックを作ってスペースを与えない戦いが効果的だと思われている。だが、大事なのは局面で自由を与えないこと」

 そして本稿はいきなりフィナーレへと飛ぶのだが、結果として札幌は2-3のスコアで敗れたものの、ベスト布陣の神戸と最後まで競った。それも鈴木武蔵、福森晃斗、ジェイという昨季の主要得点源3名を負傷で欠いてである(ジェイは試合開始直前に負傷)。それを考えれば札幌は確かなレベルアップを示したと言える。ミシャ監督の戦略は見事なものだった。
 
 惜しむらくは、前半の終わり頃からマークに遅れが出ていながらも、そこで修正ができず45分に失点をしてしまったこと。そして、試合最終盤に相手ゴール前に人数をかけて同点を目指したが、ランニングタイプのアタッカー陣では、パワーのある神戸守備陣を脅かせなかったことだ。

 結局、この敗戦で再開後の無敗は6でストップしてしまった。しかし、ここまでの戦いのなかで間違いなく札幌は選手層を厚くしたし、戦術面、戦略面での引き出しも増やした。この神戸戦もエンターテイメントとしては魅力的で、総合的に札幌はミシャ監督が志向する「観る者を楽しませるサッカー」をしっかり演じていると言っていい。

 試合数の多い8月は、同時に楽しみも多い8月になることだろう。

取材・文●斉藤宏則(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ