【宇佐美日記】SNSの発信はめちゃ良いこと。一方で誹謗中傷については…

カテゴリ:連載・コラム

宇佐美貴史

2020年06月25日

「嫌ならSNSをやめればいい」という考えには全力で異を唱える

SNSをよく利用している宇佐美貴史。最近ではYouTubeチャンネルも開設した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 それに僕にはサッカー選手としての目標があって、自分を見失ってもいない。自分の人生も、近くにいる家族や仲間、応援してくれる人たちの人生も大切にしたいという当たり前の感情もある。

 人に心を傷つけられる痛みを知っているからこそ、人を傷つけようとも思わないし、その感覚を理解してもらえない人と同じ土俵に立つつもりもない。

 ただ、だからと言って「有名人は批判されるのが仕事でしょ」とか「嫌ならSNSをやめればいい」という考えには全力で異を唱える。皆さんがそれぞれに自分の仕事があるように、僕はサッカーをすることが仕事で、見えない相手に誹謗中傷を受けることは仕事じゃない。
 
 誹謗中傷を書き込む人に何かしらの事情があったとしても、真っ当に生きてきた人間が、目に見えない誰かによってたかって言葉の暴力を浴びせられ死を選ばなければいけなかったくらい傷つけられたのなら、やっぱり傷つけた人は罰せられるべきやと思う。

 いや、それ以前に、言葉の暴力がなくなるように、ひとり一人が自分の言動に責任を持って行動する世の中になればいいなと思っています。

<了>
 
宇佐美貴史

―――◆――◆―――

構成●高村美砂

※『サッカーダイジェスト』2020年6月25日発売号より転載。
【関連記事】
宇佐美貴史が選ぶJ歴代最強チーム「毎試合『今日は何点取るんやろうな』と予想しながらスタジアムに行った」
「誹謗中傷をするのは本能やから」「教育が最も大事」本田圭佑がネット問題に更なる見解を示す!
「傷ついている誰かは誰かの大切な人…」中村憲剛がSNSの誹謗中傷に訴え。“子育て論”を交えて思いを綴る
「『結論』俺んところに来い」「弱い人を狙うな」本田圭佑がSNS誹謗中傷問題に持論!フォロワーから賛否
FC東京が差別・誹謗中傷の発言に“NO‼”。「重要なのは受け手がどのように感じたか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ